PR

【感想】『近藤染工場』の干支風呂敷が素敵

近藤染工場の干支風呂敷

北海道旭川市にある、『近藤染工場』の干支風呂敷を購入しました。 

近藤染工場を知ったきっかけは、ドラマ版『孤独のグルメ』。

五郎さんが大漁旗を購入したお店で、放送を見て、「このお店気になる!!」と検索。

伝統の本染めで暮らしに彩りを。創業明治31年 北海道旭川・近藤染工場オンラインショップ
私たち近藤染工場は、染物一筋100余年間培ってまいりました「目と手」に、たゆまぬ精進と努力を積み重ね、伝統の技に斬新な感覚と冴えをプラスして、お客様のあらゆるニーズにお答えします。

オンラインショップで購入できると知り、どれを買おうかな~と悩んでいる間に数年経ち、ようやく購入しました。(笑)

 

▽『近藤染工場』が登場した『孤独のグルメ』は2016年。7年前・・・!(^o^)

孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編:テレビ東京
テレビ東京「孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編」番組公式サイトです。2016年1月1日(金・祝)夜11時15分放送!

 

スポンサーリンク

購入した風呂敷の感想

2023年干支 二巾風呂敷 卯年

近藤染工場の干支風呂敷

2023年の干支は、うさぎ。鳥獣戯画のうさぎがギターを弾いてる、モダンな柄です。可愛い。(^o^)

近藤染工場の干支風呂敷

風呂敷と一緒に、名刺サイズの二つ折りの紙が入っていて、『卯年について』の説明も書かれていました。卯年生まれの人へのプレゼントにも良いと思います。

近藤染工場の干支風呂敷

ちなみに生地はこんな感じです。ザラッとしてるって言うのかな。サイズは72cm×72cmで、全部で7色ありました。

近藤染工場の干支風呂敷

綿100%で手洗い出来るそうです。

 

他に気になったもの

本染め手ぬぐい 近藤染工場×鳥獣戯画

手拭い「近藤染工場×鳥獣戯画」 - 伝統の本染めで暮らしに彩りを。創業明治31年 北海道旭川・近藤染工場オンラインショップ
私たち近藤染工場は、染物一筋100余年間培ってまいりました「目と手」に、たゆまぬ精進と努力を積み重ね、伝統の技に斬新な感覚と冴えをプラスして、お客様のあらゆるニーズにお答えします。

鳥獣戯画の動物たちが染工場で働いてる様子が描かれてます。染工場ならではの絵柄!

そとあそび手ぬぐい×鳥獣戯画

手拭い「そとあそび×鳥獣戯画」全4色 - 伝統の本染めで暮らしに彩りを。創業明治31年 北海道旭川・近藤染工場オンラインショップ
私たち近藤染工場は、染物一筋100余年間培ってまいりました「目と手」に、たゆまぬ精進と努力を積み重ね、伝統の技に斬新な感覚と冴えをプラスして、お客様のあらゆるニーズにお答えします。

鳥獣戯画の動物たちが、アウトドアを楽しんでる図柄が可愛いです。

2019年干支風呂敷「猪」

2019年干支風呂敷「猪歳」全6色(72
私たち近藤染工場は、染物一筋100余年間培ってまいりました「目と手」に、たゆまぬ精進と努力を積み重ね、伝統の技に斬新な感覚と冴えをプラスして、お客様のあらゆるニーズにお答えします。

イノシシの親子が、可愛いです!うさぎとどっち買うか迷いました。(さっきから感想が「可愛い」しか言ってない(^o^;)だって可愛いから~!)

 

他には、受注生産の『大漁旗』も気になりますが、船に乗らない一般人にはなかなか縁の無いものですよね。でも、大漁旗って格好良くてすごく魅力的です。

 

終わりに

12年後には、また新しい柄の卯年の風呂敷が出来るのかな?

今後も、どんな柄の干支の風呂敷が作られるのか楽しみです。ちなみに、同じ柄の風呂敷以外の商品もあります。私も『風呂敷』を買うか、『テーブルセンター』を買うかで迷って、数年経っていたのよ・・・。(迷いすぎ)