2020年に読んだ本

去年は1冊も本を読み終えませんでした。読み途中の本や読みたい本がたくさんあるので、今年は挽回したい。読み終わり次第、追記していきます。

閉店前の『戸田書店・静岡本店』へ行く

『戸田書店・静岡本店』が閉店してしまいました。 行く前は、 静岡駅前から本屋が無くなってしまう・・・もうアニメイトで漫画しか買えない(´Д⊂グスン なんて悲観的な気持ちになっていた...

私の読む本の選び方・買い方

読書家の皆様もそうでない方も、「本を読もう!」と思った時どんな基準でどんな本を選んでいますか?今回は、自分はどうやって本を選んで買っているのか、文章にして振り返ってみようと思います。

【本感想】その名にちなんで「つまりつまるところ名前と人生の物語」

私は本を読む時期もタイミングや縁があると考えていて、今年発売された本でも、10年後に読んだほうが良い人もいると思っています。 この本がまさに私にとってそういう本で、買ったのは19歳(13年前)で...

【本感想】女子の人間関係「女の人間関係に悩んでる人に是非読んで欲しい」

たまにネットで「女が羨ましい」という男性の書き込みを見かけます。たしかにその通りな女のメリットはあると思うけど、それと同時に「でも、女同士の人間関係ってすごく面倒くさいよ」と伝えたくもなる。私はそ...

【感想】能町みね子『逃北』「私も南より『北』へ行きたくなる」

去年フィンランド旅行に行く前、ヘルシンキ空港には旅人が本を置いていける本棚があると聞き、何かちょうど良い本が無いか本屋で探していました。その時に見つけたのがこの本。 逃北 もし、日本語がわかる旅人...

【本感想】余命10年「余命宣告された恋愛ものは苦手だったのに・・・」

余命10年というタイトルと、帯の恋愛小説の文字。正直、苦手なジャンルなのですが、いくつかの偶然と、気になることがあったので読むことにしました。

漫画しか読まなかった子供が本好きになったきっかけ

こちらの記事を読んで、私はどうして本が好きになったんだろう?と振り返ってみました。

2018年に読んだ本

2018年に読んだ本の感想と思い出話をネタバレしない程度に書いています。

本屋のブックカバー(書皮)コレクション2

本屋さんで本を買うと貰えるブックカバー(書皮)。本屋さんごと違っていて、私は旅先で本を買っては集めています。

若い頃、背伸びして読んだ5冊の本

10代の頃、ちょっと難しい本に憧れる時期ありませんでしたか?買ってみたもののチンプンカンプンで挫折した本を紹介します。(^^;)

2016年に読んだ本

ブログを始めて一番変わった事は、本を読む量が減ったことです。去年は30冊読んだのに、今年7冊なんですよ・・・。何かをすればその分、別の時間が削られるわけで。今年読んだ本を振り返りつつ、紹介したいと...