2018年に読んだ本

2018読んだ本

読み次第追加していきます。

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 野澤千絵(講談社現代新書)

4/末ぐらいに読了。一人でも多くの人に読んで欲しい本です。

日本の空き家が増えているという問題を一度は聞いたことがあると思いますが、他にも都市計画やタワーマンションの問題などが取り上げられています。難しそうな内容ですが、都市計画についての本を初めて読んだ私にもわかりやすかったし(一部難しくて何度か読み直した所はあります)、興味を惹かれる内容だったので読むのが楽しかったです。ただ、この本で書かれてる問題は「本当・・・どうしたら良いんだろう」って感じですが。

一人でも多くの人に、今日本にこういう問題があるよ!あなたが買おうとしてる家にはこういう問題があるかもしれないよ!ということを知って欲しいです。

論理と心理で攻める 人を動かす交渉術 荘司雅彦(平凡社新書)

2018/3/19に読了。7年前に買って、最後まで読んだか覚えてなかったのでまた最初から読んでみました。(読んだ覚えのある内容だったので、たぶん一度全部読んだと思う。)

読みやすくて、内容もわかりやすい。交渉術の大切な事を上手くまとめてある本だと思いました。

相手の「主張の価値」だけは理解する。

交渉相手は「常識を備えた対等な人間」であることを前提とする。

などの言葉が得られたのは良かった。自分が何を話すか、交渉のために何をするかに意識がいきがちだけど、相手に対する態度もそれ以上に大切。

余命10年 小坂流加(文芸社文庫NEO)

2018/3/3に読了。余命宣告された恋愛物は苦手なんですが、この本は読んでよかったと思いました。ちょっと古風な恋愛が好きな人にオススメ。

【感想】余命10年「余命宣告された恋愛ものは苦手だったのに・・・」
余命10年というタイトルと、帯の恋愛小説の文字。正直、苦手なジャンルなのですが、いくつかの偶然と、気になることがあったので読むことにしま...

終わりに

読んだら追加していくので、年末頃にはもっと多くの本を紹介出来る予定です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る