私の読む本の選び方・買い方

晃星堂書店

読書家の皆様もそうでない方も、「本を読もう!」と思った時どんな基準でどんな本を選んでいますか?今回は、自分はどうやって本を選んで買っているのか、文章にして振り返ってみようと思います。

私の本の買い方

本を買うきっかけ

たまーに、amazonなどのネット通販サイトで欲しい本を見つけて買うことがありますが、それ以外はほぼ旅行中に買います。理由は、

  • 旅先の普段行かない本屋さんで買ってみたい
  • そこの本屋さんでしか貰えないブックカバーが欲しい

この2点。これが目的なので、読みかけの本が何冊もある時も購入して、いつか読む本として本棚に置いています。読みかけの本が読み終わったら、その本棚の中から今読みたい気分の本を選んで読んでます。

【旅を楽しむ】旅先の書店へ行こう!ブックカバーがいろいろあって楽しいよ
私は旅行に行くとだいたい、その地域の本屋に行って文庫本を買います。

本の選び方

  1. 作者で選ぶ
  2. タイトルで選ぶ
  3. なんとなく気になる

この3点から読んでみたいと思った本を手にとって、裏表紙の解説やあらすじを読んで、気になるようだったら最初の1~2ページを読んで読めそうだったら買います。1~3全部が当てはまらなくても良いし、作者は知らないけどタイトルが気になって、あらすじが面白そうだから買うこともあります。

この「読めそう」っていうのは、文章によっては読みづらくてスラスラ読めない本があるのでそれを確認する為のものです。難しい本は読めないし、文章にも相性があるので、この本(この文章)なら最後まで読めそうだと思ったものを選んでいます。あとは、なんとなく勘で「この本面白いかな?」という判断もしてます。

ほぼ、ギャンブルです。面白いかどうか、読んでみてのお楽しみ!これで買った本がすごーく面白かった時、とても嬉しいです。最近は面白い本を買える事が多いので、自分の好きそうな本が上手く選べるようになってきたのかもしれません。

こうなると、より本が好きになって、また本を買うのが楽しみになります。

最近買った本の一例

私のなかの彼女 角田光代

この本はまず、角田光代さんの本が読んでみたかったので、彼女の作品の中からタイトルが気になった本を選びました。

手にとって1~2ページを読んでそこそこ気になったのでまずはこの本を第一希望にして、一通り文庫本の棚を見て回って、他の本を眺めていても『私のなかの彼女』が気になってしょうがなかったので、「この本が読みたいんだな!」と思って購入しました。

この時点で買わないと、次本屋に来た時覚えてる自信無いので、気になったならその時買うようにしてます。

買った本は、とりあえず読みかけの本があるので、それを優先して読んで、たまにパラパラ読んでいました。でもその時はそれほど引きつけられるものが無くて、この時読んだ内容はほとんど覚えてないです。(書き出しの1行だけは強烈なので覚えてたけど。)

その後、読みかけの本が読み終わったので、この本をちゃんと読み始めてみたら、・・・面白い。その面白さに、ニヤニヤしながら読みました。

こういう本との出会いだと、先の展開を全然知らないので、それもより楽しめる理由だと思います。話題の新刊とか誰かに勧められた本だとある程度ネタバレも知っちゃうので。

▽この本はこの旅行の時に買いました

カツオの街、『焼津』で4つのミッションを攻略しながら街歩き!目的地を1つ1つクリアしていくのが楽しい
焼津駅周辺を一人街歩きしてきました。いくつか行きたい場所があったので地図を見ながら1つ1つ巡っていくのがちょっとした冒険でとっても楽しかったです。 今回の目的地 焼津谷島屋書店 本を買っ...

終わりに

こんな感じで私は本を選んでます。最初に手に取るきっかけは『タイトル』であることが多いので、本のタイトルってすごく重要だと思います。

スポンサーリンク
キウイ人間のブログをフォローする
キウイ人間のブログ