【CD感想】中島愛のカバーミニアルバム『ラブリー・タイム・トラベル』

ラブリータイムトラベル

中島愛さんが10周年のアニバーサリーにミニカバーアルバムを出しました。中島さんと言うと、80~90年代(70年代もだったかな?)のアイドルソングや歌謡曲をとても愛してるので、その愛がとても詰まったカバーアルバムだなと思いました。

私は中島さんの歌声が好きなので、こういう形での中島さんの歌が聴けて単純に嬉しかったです。

 

収録曲

  1. Kimono Beat
  2. 青いスタスィオン
  3. 透明なオレンジ
  4. 雨にキッスの花束を
  5. 無言のファルセット
  6. 真夜中のドア
  7. 時に愛は

 

・・・私はこの中の2曲しか知りませんでした。\(^o^)/

『雨にキッスの花束を』と『真夜中のドア』だけです。でもこの2曲大好きなのでカバーされて嬉しい!

 

原曲を知らないのでわからないのですが、この選曲ってアイドル・歌謡曲好きの人はどう思うのかな?私は単純に「本当に好きな歌選んだ感がする!」というのだけは伝わりました。

松田聖子さんのカバーで『Kimono Beat』選ぶあたりが特に。松田聖子さんの歌は有名所なら知ってるけど、これは初めて聞きましたから。

 

聴いてみた感想

一番好きなのは、『Kimono Beat』です。アレンジも可愛くてお気に入りです。これでガシッと心を掴まれました。

 

『雨にキッスの花束を』はRasmus Faberの編曲がとても心地よくて好きです。(Kimono Beatもラスマス・フェイバーだけど、聴いただけじゃ気づかなかった。こっちは聴いてすぐわかった!)もともと原曲も好きなので、聴いてて楽しいです。セリフの所はドキッとしました。

『無言のファルセット』はNegiccoがコーラスで参加してます。単純にNegicco好きなので嬉しいです。Negiccoとまめぐどちらも好きなので、またこうやって1つの曲を一緒に作ってくれたら嬉しいなぁ。

▽ツーマンライブで共演してました!(2019年9月)

【ライブ感想】夏の終わりのハーモニー♡〜中島さんとNegiccoさん〜(2019/9/24)Veats Shibuya
まめぐとNegiccoの初ツーマン!ということで火曜日というど平日ですが行ってきました!

『真夜中のドア』は歌い方が大人っぽくてカッコよくてドキッとしました。

中島さんの楽曲をリスペクトする気持ちなのか、全曲通していつもより丁寧に丁寧に歌っている印象を受けました。1枚のCDの中でこんなにいろんな歌い方を聴けたのはとても新鮮でした。

 

終わりに

またカバーアルバム出して欲しい!です!!!

中島さんがどんな選曲をするのか気になるし、今回のアルバムの完成度もとても高かったので、第二弾もやって欲しいなぁ。