日本の『ネオン』文化を応援したい!

TODAYSGALLERYSTUDIO

「ネオン」を作る職人が現在、国内で50人ほどまでに減ってしまったそうです。

本物の「ネオン」は徐々に街から無くなり、需要の減少からネオン管を作る職人の数も減少の一途を辿り続け、現在は国内でも50名ほどしか現役の職人はいなくなりました。高齢化も進み、あと数十年で日本にネオン管を作る職人はいなくなると言われています。

引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/339806

たしかに、かつて街にたくさんあってネオン管の看板はレトロな存在に変わり、だんだん街から減っていっています。

グリコ看板

数年前に、大阪・道頓堀のグリコ看板も省エネを考慮したLED照明に変わりました。

道頓堀に輝くグリコ看板5代目がまもなく引退!「グリコネオン展」で歴代看板を振り返る
大阪道頓堀のシンボルとして長く愛されているグリコ看板。その5代目の最終点灯日が8月17日(日)とせまってまいりました。6代目が設置される予定の秋まであのさわやかな笑みのゴールインマークとしばしお別れ。看板交代を記念し開催されている「グリコネオン展」では歴代の看板の再現模型などとともにこれまでのグリコ看板の歴史を紹介して...

道頓堀のネオン

省エネ・・・という点から考えたらLEDの方が良いとは思いますが、『ネオン管』ならではの美しさもあるので、LEDとネオン管のどっちもあって欲しいです。

大井競馬場

↑遠目に見たらネオンっぽい、大井競馬場のLED看板。こっちはこっちで有りだと思う。

ゲームセンターのネオン管

 

今、ネオンの技術を守るクラウドファンディングが行われています。

MIRUIプロジェクトVOL.14|本物のネオンを「アート」として再生したい!
【看板のデザインから製作・施工までを一貫して行うアオイネオン株式会社が新市場を創る!?】近年、LED化の波に押されて減少の一途をたどる「ネオン管」をアートとして再生し、新しい市場を創造することで、すでに希少となったネオン管職人の技術を未来に継承するプロジェクトです。皆さん応援よろしくお願い致します!

興味がある人はぜひぜひ、見てみて下さい~。

 

私は関係者でもなんでも無いんですが、ネオンが大好きなので勝手に応援しています。

ウエミーヤ

 

リターンにあるネオンのガラス管で作るピアスが可愛かったので、私はこれをリターンに選びました。(^o^)

クラウドファンディングのリターンは、ガラス管のパーツから自分で作るタイプなので、インスタなどを参考にパーツを足すのも楽しそう。↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ネオンネオン(@neoneon_jewelry)がシェアした投稿

▽ネオンジュエリーのオンラインショップもあります

403 Forbidden

 

2021年1月11日までですが、松坂屋静岡店で『大ネオン展』が開催されてます。

大ネオン展
ネオン、ネオンアート、本物のネオン | 大ネオン展 | 日本

新型コロナが無かったら、帰省のついでに行きたかったなぁ。(´Д⊂グスン(←静岡出身)

ネオンかな

手持ちのネオン写真を集めて貼れるだけ貼ってみました。

ネオンかな

(´-`).。oO これはたぶんネオンだよね・・・?

 

SIRUPは、ネオン管をオシャレに使ってるな~と思います。