【鉄道】フリーエリアが乗り降り自由『いわてホリデーパス』を使ってみた感想

いわてホリデーパス

『いわてホリデーパス』を使って、お得に岩手県を旅行してきました。どんな風に使ったのか、使ってみてどうだったかの感想を書きます。

いわてホリデーパスのこと

土・休日(他特定期間もあり)の1日間、フリーエリア内の普通列車(快速を含む)の普通車自由席、BRT(盛~気仙沼~柳津)及び東日本交通バス(茂市~岩泉病院間)が乗り降り自由なきっぷです。

引用元:おトクなきっぷ:JR東日本

平日は使えないので注意!

私がこの切符を知ったきっかけは、岩手県内の駅に貼ってあったポスターです。

元々、普通に切符を買って移動する予定でしたが、計算してみたらこの切符を使ったほうが安かったので『いわてホリデーパス』を購入しました。

いわてホリデーパス

切符を買った時に貰ったご案内と、

いわてホリデーパス

アンケートのお願いです。アンケート専用サイト→https://www.jreast.co.jp/webq/ 

使ってみた感想

岩手旅行ルート

今回乗車した区間は、一ノ関~花巻~釜石です。普通に切符を買ったら、2590円。いわてホリデーパスは大人2460円なので、130円お得でした。

乗り降り自由の切符なので出来れば途中下車して遊びながら電車の旅をしたかったのですが、夕方に一ノ関から釜石に移動する!という事情があったので、寄り道してる時間がほとんどありません。というのも、岩手県内のJRの本数が少ないので1本乗りそこねると、次の電車までの時間が結構あるんですよね。そして終電も早い!(防犯とか考えると終電早いほうが安心)

いわてホリデーパスを朝から使って、ゆっくり岩手県内を観光しながら、夜に釜石に着く!という計画が立てられたら良かったなぁ。(´Д⊂グスン

18:40 一ノ関

| JR東北本線・盛岡行き

19:30 花巻

19:39発

| JR釜石線・釜石行き

21:56 釜石

これが今回乗った電車の時間です。花巻で9分乗り換えの時間がありましたが、駅をチラッと見るぐらいしか出来ませんでした。

花巻駅

釜石行きの電車を1本ずらして、20:49花巻発にして花巻駅周辺を散策しようかな?とも思いましたが(約1時間20分)、時間が遅いのでやってる店も限られるし、釜石駅の到着時間が22:57(終電)と遅くなってしまうのでやめました。

いわてホリデーパスと普通乗車券の違い

今回は、本当130円安かったぐらいしか違いがありません。乗車距離が100km以上なら、普通の切符でも途中下車出来ますからね。長距離移動の場合は逆に1日しか使えないのはデメリットかも。(100km以上乗車すると、乗車距離によって2日3日切符が使える。)

同じ路線を往復したり、何度も切符を買うのが面倒な人や、1日の切符代が2460円以上になる人にはオススメです。

終わりに

今回は面白みの無い切符の使い方をしたので、次回はもっと面白い使い方を考えて電車の旅をしたいです。

(´-`).。oO ほっとゆだ駅に行って温泉入るとかしたいな~

★ほっとゆだ駅は、駅舎に温泉が併設されてる珍しい駅です。

ほっとゆだ | 株式会社西和賀産業公社