【駅弁感想】復刻!チキン弁当「レトロさがたまらない」

復刻チキン弁当

新幹線開通時(昭和39年)に販売された駅弁の復刻版です。箱が可愛い!

 

きっかけ

駅で貰った冊子に、この駅弁のことが紹介されてました。

復刻チキン弁当冊子

以前新潟に行った時も、上越新幹線の座席にある雑誌で復刻駅弁のことを知ったので、こういった駅の冊子・雑誌の情報は侮れません。

関連記事:【駅弁】復刻!鮭の焼漬べんとう【新潟】

 

購入場所

その冊子に販売場所が書かれていたので、楽に購入する事が出来ました。ちなみに販売期間は、2017/10/1~11/30です。

  • 東京駅「駅弁屋 祭」「駅弁屋 踊」
  • 上野駅「駅弁屋 匠」
  • 新宿駅「駅弁屋 頂」
  • 品川駅「駅弁屋 品川店」

(あと、2017/11/1~23の間エキュート品川でも販売されてたそうです。)

駅弁屋 祭

駅弁屋祭東京駅

私は東京駅の『駅弁屋 祭』で購入しました。東京の駅弁だけじゃなく、いろんな地域の駅弁が売ってるので他の駅弁に目移りしつつ、ここはやっぱり目的通り『復刻チキン弁当』を購入!

売り切れてたらどうしよう!と心配してましたが、土曜の午前11時ぐらいに行って残り10個ぐらいと、まだまだ余裕がありました。まわりに居た人たちは、まーったく『復刻チキン弁当』に興味が無い様で拍子抜け。(^^;)まあ、チキン弁当で960円出すなら、寿司とか牛肉の弁当買うだろうなぁ。

店内はめちゃくちゃ混んでましたが、レジの数が多いのでスムーズに買うことが出来ました。一列に並ぶんじゃなくて、空いてるレジに並ぶ感じでした。

 

開封

復刻チキン弁当唐揚げ

イエーイ!念願の復刻チキン弁当!フタを開けると、唐揚げ+ポテトチップス+ガリのトレイ。(実際は食品の上に透明のフィルムが乗せてありました。)

復刻チキン弁当ケチャップライス

その下にケチャップライスが入ってました。台形のボックスなので、下のチキンライスのトレイの方が少し小さいです。

 

感想

買った時にまず思ったのが、「想像してたより大きい」(;^ω^)箱が約15.5×15.5で、イメージとしてはドンブリサイズ??これなら値段の高さもやや納得。唐揚げも6個入ってますし。(私は多くて唐揚げは2回に分けて食べました)

ポテトチップスが入ってることに驚きましたが、これが結構嬉しくて「久しぶりに食べると美味しい~」と喜々として食べました。最近食べる機会がまったく無いし、一袋買っても食べきれないから、ちょっと入ってるのが嬉しい。

あと、ケチャップライス+唐揚げ半分を食事として食べて、唐揚げ半分+ポテチ+ガリをお酒のツマミとして食べるのも有りだな~と思いました。

 

終わりに

正直言うと、味は普通のチキンライスと唐揚げです。

でも、新幹線開通当時のお弁当が食べられる!という体験は嬉しく、それが出来て大満足です。あと、箱が可愛いので汚さないように食べて小物入れにする予定です。(^^)