2019年の日記帳は『博文館 懐中絵日記』に決まり~♪

博文館懐中絵日記

もうすぐ2019年ですが日記はもう準備しましたか?私は毎年ノートに書きたい日だけ日記を書くというやり方をしていたのですが、素敵な日記帳を見つけたので来年は毎日書くことにしました。

ちなみにこの記事のタイトルは、『名古屋はええよ!やっとかめ』の替え歌風です。(分かる人にしかわからない)

博文館 懐中日記のこと

博文館のこと

そもそも博文館のことを知りませんでした。調べてみるとHPには、

デジタルの時代だからこそ残そう、手書き文字

という言葉が。

すっごくわかります。たしかにデジタルは便利だけど、だからって全部デジタルにする必要は無いし、手書きならではの良さもありますよね。私は仕事でパソコンばっかり触ってるので、その分アナログなものに触れる時間が欲しくなりますし。

他にもHPを見ると、創業が明治ということや、事業内容に

各種日記・手帳・ビジネスダイアリー、文芸書、復刻版等書籍出版、 美術品販売等

日本語・外国語各種辞典、短歌・俳句辞典、事典、農業書等

引用元:http://www.hakubunkan.co.jp/menu/gaiyo.html

と、一番最初に日記・手帳を書かれているのでそれが主力商品なんだということがわかりました。

懐中日記のこと

博文館懐中絵日記

B7サイズとコンパクトで、小さくて可愛いです。

博文館懐中絵日記

でも表紙の干支の絵はリアルでワイルドー!

博文館懐中絵日記

中はこんな感じで1ページ2日ずつ書けます。白地なので絵を書いても良さそう。

(´-`).。oO 毎日1コマずつ描いて、4コマ漫画にするのも有りだな~。

博文館懐中絵日記

最初の方には一か月分の予定を書くスペースがあるので、ここで予定管理をするとか、日記のお題を書いておいて、「この日はこのネタを書く」とかやっても面白そうです。

年頭の所感

あと、『年頭の所感』というページがあったんだけど、所感ってなんだ!?!?目標とかそんな感じの意味?

事に触れて心に感じた事柄。感想。「所感を述べる」「年頭所感」

引用元:所感(ショカン)とは – コトバンク

調べてもわからない。(*_*)新年のあいさつみたいなもの?私は今年をこんな年にしたいと思います~ってことを書けばいいのかな。

博文館懐中絵日記

他にも毎月最初のページに、その月に関することがいろいろ書かれているので勉強になります。

講書目録

個人的に嬉しかったのがこのページ。買った本を書くページなんだけど、私は読み終わった本を書くページに使います。いつも本を読み終わったらどこかに記録しておきたいんだけど、忘れちゃうので専用ページが出来て嬉しいです。

▽ブログに読んだ本をまとめたページ作ったけど、忘れて書いてない本が何冊も有る。

2018年に読んだ本
読み次第追加していきます。

日記計画を立てる

毎日書くことを目標にしているので、どうしたら毎日かけるのかと、どういう日記を書くかの計画を立てています。これを立てずにいきなり自由に書き始めたら、3日坊主になりそうだから!\(^o^)/

例えば、特に書くネタがない日はどうするか?→好きな映画の絵を書く、とか。

2019年まであと少ししか無いので、ここはしっかり決めておきたいです。あんまりドロドロした日記にはしたくないな~。日記に残したくなる1年にしよう!

終わりに

博文館懐中絵日記

△ページの間に偉人の名言もある。

日記を買って、どう書こうか考えている時間が一番楽しかったりします。毎日生きていると、辛いことやしんどいことも多いですが、なんとか乗り越えて1年1年人生を積み重ねていきたいです。

私は東京の伊東屋という文房具屋さんで購入しました。

【感想】銀座の文房具専門店『伊東屋』
綺麗なビルです。フロアは広くないですが、12階+地下1階あるのでそこそこ見応えありました。(隣のビルの窓も変わってて面白い)

前回記事書いた時は、「また伊東屋に来ることは無さそうだ」なんて思ってましたが、伊東屋楽しすぎて1時間以上いました。\(^o^)/文房具屋楽しい!