【感想】フィンランド(ヘルシンキ)の『ホテルヘルカ(Hotel Helka)』

ホテルヘルカ

2017年に行ったフィンランド旅行で、こちらのホテルに3連泊しました。当時の思い出を振り返りつつ、感想を書きます。(写真右側の建物です。ネオンサインの看板がオシャレ。)

 

スポンサーリンク

ホテルヘルカ 感想

アクセス

ヘルシンキ駅から徒歩10~15分ぐらい。歩いていける距離ですが、途中、道が石畳でデコボコしてるのでスーツケースを引きながら歩くのはややしんどかったです。

ヘルシンキ駅

このホテルの魅力

  • 立地
  • 家具がオシャレ
  • 朝食が美味しい!

ホテルにチェックイン

ATMみたいな機械でチェックイン手続きが出来たので、とても楽でした。フィンランド語も英語も全然話せないので有り難い。

15時チェックインで、12時チェックアウトでした。

部屋

ホテルヘルカ

宿泊した部屋は、コンフォートツインルーム。海外旅行慣れした友人に選んでもらったので、他にどんな部屋があるのか(そもそもフィンランドにどんなホテルがあるのかさえ)全然知りません。でも、シンプルでオシャレで快適でした。

 

難点を上げれば、冷蔵庫が無かったことぐらいかな。日本のホテルでは当たり前のようにありますが、海外ではどうなんでしょう?

ホテルヘルカ

↑冷蔵庫が無いので、窓と窓の間の部分に入れて食べ物を冷やす。11月上旬のフィンランドとは言え、冷蔵庫のようには冷えない。これは『365日のシンプルライフ』というフィンランド映画で冷蔵庫代わりにしてたシーンを真似しました。

【映画感想】365日のシンプルライフ「人生に必要な物は多くは無い?」
2014年のフィンランド映画。何も無い部屋で裸の状態からスタートして、毎日1つずつ『モノ』を増やしていける生活を365日続けた男性のドキュメンタリーです。

ホテルヘルカ

天井には森と湖の風景の布。ベッドに横になって見上げると、この風景を楽しむことが出来ます。

ホテルヘルカ

部屋にある照明も様々で、

ブロックランプ

こちらは有名な『ブロックランプ』。

ホテルヘルカ

ホテルヘルカ

いろいろな照明を1つの部屋で楽しめました。

ホテルヘルカ

この椅子もアアルトさんの椅子かな?

Artek - 66 チェア
アルヴァ・アアルトが手掛けた<66 チェア>は、キッチンやカフェで見かける伝統的な木製椅子の原点ともいえる、シンプルで分かりやすい構造と普遍的なデザインをしています。頑丈なフィンランド産のバーチ材を用いた広めの背もたれは、腰掛けると程よくしなることで快適にくつろぐことができ、その大きく穴のあいたデザインは持...

ホテルヘルカ

デスクにはテレビがあり、かなり多くのTV番組が見られました。海外の番組も見られるっぽいですが、正直どこまでがフィンランドの番組でどこからが違うのかはわからなかったです。

ホテルヘルカ

キティちゃんなどのアニメも見られましたし、

ホテルヘルカ

クイズ・ミリオネアみたいな番組も放送してました。外国ではどのようなTV番組が放送されているかを知れるのは非常に興味深くて、いろいろな番組を長々見てしまいました。

 

シャワールーム

ホテルヘルカ

この壁と一体化している、紺色のドアからシャワールームへ行けます。

ホテルヘルカ

左からシャワールーム、洗面台、トイレ。

ホテルヘルカ

シャンプーは独特な香り。透明なくもりガラスの引き戸を締めて入ります。

ホテルヘルカ

右上のバスタオル掛けは、たぶんここに引っ掛けておくと乾くのかな?説明が書かれてなかったので、たぶんそうなんだろな~と思いながら使いました。

朝食

ホテルヘルカ

朝食はバイキング。好きな食べ物を好きなだけ選んで食べられます。どれも美味しそうだし、どんな味がするんだろうと興味津々で毎日たくさん食べてしまいました。

チーズの種類が豊富で食べ比べるのも楽しかったです。

ホテルヘルカ

その他

ホテルヘルカ

こちらは1階のエレベーター付近。写真奥がチェックイン受付をしたロビーです。

ホテルヘルカ

これは客室のフロアのエレベーター前。

ホテルヘルカ

ホテルの至るところで、オシャレな家具を見て座って楽しむことが出来ました。

ホテルヘルカ

こちらはエレベーター。横に表示があるのは日本で見たことないです。(たいてい、ドアの横)

ホテルヘルカ

右下の説明には日本語表記もありました。有り難いです。

ホテルヘルカ

ホテルヘルカ

シンプルな廊下。非常口の表記もちゃんとわかります。

ホテルヘルカ

特にホテル周辺が騒がしいということも無く、騒音の問題は無かったです。ホテル向かいのビルのダンス教室(エアロビかな?)が見えたのは、楽しそうで面白かったです。

 

終わりに

3泊4日、快適に過ごせたホテルでした。特にあの朝食は日本でも食べられたらいいな~。

細かい話ですがティッシュの補充が無かったので、ティッシュを多く使う人は日本から持っていったほうが良いと思います。(それとも言えば補充してくれたのかな?←今気づいた)特に私は寒暖差アレルギーでティッシュを大量に使ってしまったので困りましたが、普通は備え付けの分で十分だと思います。