30代で病気もないけど『エンディングノート』を用意してみた

エンディングノート

『エンディングノート』とは主に高齢者の方が終活の一環として、自分の個人情報(銀行口座・不動産・友人・親族など)や、病気になった時の希望などを書き留めておくノートです。

私はまだ30代で、特に大きな病気をしていませんが、以前から書きたいと思っていました。

 

スポンサーリンク

購入した理由

いつ何があるかわからないから

30代でもいつ何があるかわからないので、その時に備えて用意しておけば、生きてる上で安心です。でも、こういうものを用意すると何か不幸があった時に「用意してたせいだ!」と言われたり、自分自身そう思ってしまうのではないかと少し悩んでいました。

 

でも実際本屋で見てみたら、

 

(´-`).。oO これは若いうちに書いておいて損はないかも(むしろ良いぞ)

 

と考えが変わったので購入。以下、その理由を書きます。

自分のことを忘れるから

自分のことどれぐらい把握してますか?

 

私は「自分がどの保険会社のどういうプランに入ってるか?」など、ぼんやりとしか覚えていません。/(^o^)\エンディング関係なく、自分のこういった記録をまとめておいたら、いざと言う時かなり安心です。

一度調べてこのノートに書いておけば良いしですからね。

記録するなら早いうちが良いと思ったから

エンディングノート病歴

もし私が60代でエンディングノートを初めて書いたとしたら、

 

(´-`).。oO 過去にかかった病気の治療時期なんて覚えてないわ・・・

 

と頭を抱えそうです。それなら若いうちからエンディングノートを用意しておいて、病気にかかったらその都度記録する方が楽です。

これが将来大きな病気にかかった時に、役に立つかもしれませんし。

エンディングノート経歴

こういう学歴や職歴も同じくそう。履歴書書く時に、エンディングノートを見ればわかるの便利。

エンディングノート家族構成

親戚の名前も忘れて困った事があったので、ノートに書いてました。年賀状やお礼状書く時に、漢字がわからなくて困ったんですよね。

エンディングノート家紋

家紋や宗派も書いておく事が出来ます。

エンディングノート命日

あと辛い記録ですが、親族の命日。これもぼんやりとしか覚えてないので、ちゃんと記録しておいたほうが良いですね・・・。

10年に1冊書くのも面白そう

エンディングノートの趣味の欄

趣味や好きな物は変わっていきそうなので、30代、40代、50代と新たにエンディングノートを購入して書くのも良さそう。過去のエンディングノートを振り返って読むのも面白そうです。

 

(´-`).。oO そう考えると、リフィルタイプが良いのかな?

※リフィル=詰替用品。システム手帳やバインダーの様に足したり引いたりが出来るタイプ。

 

この『エンディングノート』を選んだ理由

エンディングノート

本屋では4種類ぐらいのエンディングノートが売っていました。その中から、このノートを選んだ理由は、帯の

売上NO.1

安心の弁護士監修!

この文字に惹かれたのもありますが、

エンディングノート自分年表

この自分年表のページが面白かったから!

こういうの書くの好きですし、こういうページを書くことで昔のことを思い出すのは楽しそうだな~と思いました。

 

逆に、他のエンディングノートで惹かれた所は、銀行口座を書く欄がたくさんあった所。

エンディングノート銀行口座

このノートは5つしか書く欄がありませんが、私は6つ口座があります。

銀行と信用金庫の『口座』の使い分け(30代前半)
私は銀行と信用金庫の『口座』5つを持っています。20代の頃は使い分けがいい加減で使っていない口座もあったので、口座を解約したり、ちょっとは使い分けする様になってきました。

△この時より1つ増えました\(^o^)/

 

でもそれは、私以外知ってる人がいなさそうな口座を優先的に書く事で良しとしました。(ネット銀行は通帳も無いので、ここに書いておかないと誰も知らない可能性が高い。逆にゆうちょ銀行は書かなくても、家族が探してくれそう。)

エンディングノート経歴

あとは、学歴と職歴を別々に書けるノートもあったので、それも良いなと思いました。この辺は好みですね。

 

文字が黒ではっきり見やすかったのも、このノートを選んだ理由です。

 

気をつけたいこと

かなり多くの個人情報をこのノートで知れてしまうので、結構怖いです。

なので私は、「この銀行に口座があるよ~」という情報は書くけど、それ以上(口座番号や使ってる印鑑など)は今の所書かないつもりです。

でも、本当いざという時に備えたかったら書いといたほうが安心なのでそのバランスが難しいなぁ。

 

それか、ノート自体は書けるだけ書いて、ノートの管理場所を金庫などにするのも有りかな。金庫の存在だけは信頼できる近しい人にだけ教えておいて。

 

終わりに

エンディングノートという名前じゃなければ、もっと若い層にも普及しそうだなーと思いました。

 

(´-`).。oO なんて名前が良いだろう?マイデータブック?(なんか違う)

 

前に友人と、

「私に万が一のことがあったら、何も見ないでパソコンを破壊してくれ!」

と約束したことがあるのですが、そういう事もここに記録として書くことが出来ました。万が一の時の対処法をいろいろと考えておけるのは便利。(友人も忘れてるかもしれないし、いざとなったら記憶だけを頼りに実行するのは不安だろうし。)

 

他にもコレクションをどうしたら良いかも記入出来ます。私は友人・知人で欲しい人がいたら引き取ってもらって、残りは売るか捨てるか好きにして欲しいです・・・ってこれは今考えたもので、このノートがなければ考えてなかったです。いろいろ考えるきっかけにもなって良かったですよ~。