【感想】窓からの冷気で寒いので『窓際あったかボード』で防寒対策!

窓際あったかボード

賃貸の床から天井近くまでの縦に長ーい窓・・・この近くにいると、今の季節とても寒いです。

実家では雨戸があるので閉めれば寒さも和らぎますが、私の部屋にはそれが無いので、最初はプチプチを窓に貼って防寒対策をしようと考えました。が、大きいサイズのプチプチが家に無いし、それを買うぐらいだったら「他にもっと良い防寒対策グッズがあるだろう!」と思い探してみました。

ちなみに、窓に貼るプチプチは昔やって、テープの跡が窓に残った苦い思い出があります・・・。(粘着力が強いテープを使ってしまった)

 

スポンサーリンク

『窓際あったかボード』で防寒対策

検索するといろいろ窓用の防寒グッズが出てきました。カーテンの内側に付ける、防寒の布みたいなやつもありましたが、『窓際あったかボード』というものが良さそうだったのでこれを購入。

窓際あったかボード

窓の下半分をこれで覆うだけで防寒が出来るようです。

一番寒さで困っていたのが、窓の近くで寝ると寒いことだったので下半分が防寒出来れば良いや~というのと、上半分は窓が覆われないので、その分光が部屋の中に入って明るいというのが決め手でした。

 

設置してみる

窓際あったかボード

横幅190cmまでの窓に対応していますが、うちは横幅160cmなので長い分をハサミで切ります。まず、説明書に『ものさし』が印刷されているので、これを使って必要な長さをはかり、ボールペンで印を付けて線を引きます。

窓際あったかボード

あとは線を引いた上からハサミでザクザク切るだけ。厚さ8mmなのでそれほど切るのも大変では無いですが、こういう万能ハサミの方が切るの楽です。一つ持っておくと便利!

窓際あったかボード

切ったら、窓の内側にはめれば完成。ちなみに、うちは窓が壁の中間にある『腰高タイプ』なのでこのように切ってはめましたが、『掃き出しタイプ(窓の下側が床と同じ高さ)』の場合は窓の外枠に立てかけるだけでOK。長過ぎなければ切らなくても良さそうです。

窓際あったかボード

下の部分は折れ線がついてて曲がるようになってますが、うちの窓だとはみ出してしまいました。はみ出た部分は切るか考え中です。

 

(´-`).。oO 見た目は切った方が良いけど、切らずに長い方が安定感あるかな?

窓際あったかボード

若干、横幅が長かったようで途中折れ曲がってます。昼間はレースカーテン、夜はカーテンをしめて見えないので気にしていません。\(^o^)/

窓際あったかボード

ちなみに柄は『ホワイトスノー』と『ダイヤ』の2種類ありました。私は雪の結晶の方が好きなので、『ホワイトスノー』柄にしました。

 

使ってみた感想

付ける前と後では寒さが少し和らいだように感じます。寒いは寒いですが、ボード付ける前はもっと寒かったので付けて良かったです。この少しの温度差を良しとするかどうかで、このボードが有りか無しか分かれると思います。

なので、「これ使うと全然違うよ!いいよー!」とまでは言わないけど、「寒いなら使ったら少しは良くなるよ」ぐらいは言えるものだと思います。

 

終わりに

これを付ける前はもっと寒かったので、付けてよかったです。切る手間はかかるけど、プチプチ貼るよりは楽でした。あとは、切った不要な部分が何か再利用出来ると良いなぁ・・・。捨てるのはもったいないので、何か思いつくまでは部屋の隅で保管しておきます。

はみ出た折返しの部分を切って、カーテンとの隙間を減らしたらもっと防寒効果は上がるかもしれないので、気が向いたら切ってみます!