アイドルのイメージをいい意味でぶっ壊してくれた、私立恵比寿中学の『自由へ道連れ』

アダムとイヴの林檎

椎名林檎さんのトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』を久しぶりに聴いて、やっぱり私立恵比寿中学の『自由へ道連れ』好きだなぁ~と思ったら、既にハートマークが付いてました。前に聴いた時に私が付けたんですけど。(笑)

私立恵比寿中学は名前しか知らなくて、地名が入ってるアイドルなのでAKB48や乃木坂みたいなイメージがあったんですけど、実際聴いてみたら違いました。そして、そのイメージから「椎名林檎の歌と合うのかな?どうなんだろう?」と勘ぐってたら、まさかまさかのこの中で一番好きなカバーソングになりました。

 

自由へ道連れ

楽曲のセレクトも合ってると思いました。スピード感のある楽曲に、アイドルならではの元気の良さが相まって、ピッタリ!原曲思い出せないくらい、エビ中の歌!?ってぐらいマッチしてました。アレンジも良い!疾走感最高!

そして声の伸びが良いので、聞いてて心地良いです。

 

道連れしちゃうぞ

 

って可愛く言っちゃう所は流石アイドルという感じで、キュンキュンしました。良いー!

 

アイドルのイメージ

皆さんのアイドルのイメージってどんな感じですか?

私は普段目にする機会の多いアイドルから、アイドルのイメージを定着させていました。その目にする機会の多いアイドルって、歌を歌っている・パフォーマンスをしてるより、バラエティ番組に出てる方のイメージなんですよね。後は、みんなで歌えるカラオケソング的な感じだとか、歌を聴いて楽しむ対象とは別の存在という感じでした。

そのせいで、魅力に気づかず素通りしてるアイドルもたくさんいるんだろうな、とエビ中の歌を聴きながら痛感しました。もうちょっといろいろ聴いてみようかな~でもアイドル多すぎてどこから聴いて良いのやら?個別に知るきっかけが欲しいなぁ。

 

終わりに

ただ、この歌が好きでいろんな人に聴いて欲しくて書きました。あと、他のエビ中の歌も聴いてみたんですが、今の所好きなのは、『熟女になっても feat. SUSHIBOYS』です。

「熟女になっても中学生~♪」って歌詞のインパクトがすごい!\(^o^)/