【感想】ライブ音源をお土産に出来る『テイクアウトライブカード』

幻想水滸伝テイクアウトライブ

ライブ会場で販売されてたカードです。このカードで公演の映像がスマホ・タブレットにダウンロードする事が出来るんです。初めて使ってみたので、手順と感想をまとめてみました。

手順

テイクアウトライブ

「テイクアウトライブ」のアプリをダウンロードして、アプリを開きます。

テイクアウトライブ

この画面になったら、テイクアウトライブカードを用意してQRコードを読み取るをタップ。

テイクアウトライブ

△実際は黒く塗りつぶした所にQRコードがあります。ダウンロード期限に注意!

スマホやタブレットのカメラでQRコードを読み取ります。

テイクアウトライブ

ダウンロードリストが表示されるので、必要なものを『ネットワークからダウンロード』をタップ。

テイクアウトライブ

△これは音源じゃなくて『お知らせ』のダウンロード画面。音源の他に、『お知らせ』もダウンロードリストにありました。

画面にある『ダウンロード』をタップすると、ダウンロードが開始されます。

テイクアウトライブ

11分の動画で295MBありました。端末の空き容量が無いとダウンロード出来ないので、事前にチェックしておいた方が安心です。

テイクアウトライブ

ダウンロード完了!再生ボタンを押せば視聴出来ます。

感想

私がダウンロードした『旅人達の追想組曲』の場合なので、全てに当てはまる話では無いと思います。

関連記事:【感想】幻水音楽をオーケストラで!『旅人達の追想組曲』ゲーム音楽コンサート(東京芸術劇場)

1000円で4曲11分だったので、正直そこまでクオリティに期待していませんでした。きっとほぼ同じ視点で公演を撮影したものなんだろうな~って。

そしたら、色んな角度から撮影した映像を組み合わせているし、映像がキレイではっきり見える!かなりアップの映像も多いので、会場では見れなかった細部も楽しめました。

音に関してはスマホのスピーカーで再生しただけなので正直わかりませんが、この映像のクオリティなら期待できそう。今度試してみます。

いろんな媒体で見れるデータでは無いのが少し不満。(コピーを防ぐために必要だとは思う)このアプリでしか見れませんし、1つの端末に1枚のテイクアウトライブカードが必要です。

引っ越しサービスがあるので、機種変更してもコンテンツを移動して見られるのはとても助かります。

終わりに

行った公演の音源をお土産のように持ち帰れるこのサービスは面白いと思いました。個人的にDVDやBDで見れるほうが好きなので出来ればそちらにして貰いたいですが、きっとそれよりコストがかからないこのサービスは映像販売のハードルが低いんじゃないかな?

これで今まで映像販売をしていなかった団体も販売していくようになったら魅力的だと思います。

あとカード自体もコレクションアイテムとして保管したり見て楽しめるのも良いですね。たまに引っ張り出して見て、思い出に浸っています。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る