ロック・イン・ジャパン・フェスティバルのチケット代推移をまとめてみた

ロック・イン・ジャパン・フェスティバル

ロック・イン・ジャパン・フェスティバルにはここ10年ぐらい行ってないんですが、久しぶりに調べたらチケット代が上がっててびっくりしたので推移をまとめてみました。

グラフ

※2014年より全日券は3日分から4日分になりましたので、グラフが急激に変化してます。

開催年1日券2日通し券3日通し券駐車券
20008500円16500円なし510円
20019500円18000円24000円510円
20029500円18000円24000円510円
20039500円18000円24000円510円
20049500円18000円24000円510円
200510500円
200610500円
200710500円
200810500円
200911500円
201011500円
201111500円
201211500円22000円30000円1500円
201311500円22000円30000円1500円
201412000円22500円41000円1500円
201512000円22500円41000円1500円
201613000円24500円42000円1500円

※2014年から3日通し券は4日通し券になりました。駐車券は途中からチケットとセット販売です。(1日券代を引いた金額を記入しました)グレーで塗りつぶした部分は調べてもわかりませんでした。間違いが有りましたら、申し訳ありません。

雑感

2000年と2016年の1日券は4500円違います。そんなに上がったんだと少し驚きは有りますが、ステージ数が7つに増えたり、出演アーティスト数がかなり増えたり(2016年は205組)、メジャーでBIGな出演者も増えたので値上がりはわかります。

駐車場代

約三倍。これは意外。理由はわからない。

今後の値上がり

いっても15000円ぐらいじゃないでしょうか?フェスの1日券にいくらまで出せます?私は15000円越えは難しいと思うんですが、この人気っぷりなら越えちゃいそうな気もしなくはない。たぶん15000円越えても十分集客出来るでしょう。ライブ3回行った値段でこのボリュームだと思えば安く感じる。でも1日に払うお金だと思うと高いな~。

小話・私が行くのを辞めた理由

人が多すぎる

「会場のキャパシティ越えてるだろ!」と思ったんですが、今ではそれ以上の人が集まってるので私の考えは激甘でした。振り返ると2003年が一番快適だったなぁ。ステージも2個だけなのに、見たいアーティストが被って悩む。今年のステージ数と同じ7個だったら、悩みすぎてパニックになってたかも。(笑)

ちなみに2003年の1日の入場者数は3万~4万人ほど。2016年は7万人弱。すごすぎる。( ^ω^;)人づてに聞いた話では、運営が毎年改善されて良くなってるとか。4万人ぐらいで「人多すぎる!大丈夫!?」って思ったのですが、今なら7万人も上手く捌けてるのかもしれませんね。行ってないから想像ですが。

出演者

あと、出演アーティストが好みと変わっていったのも理由の1つです。これは完全に好みの問題なので、良い悪いの話ではありません。あの頃はとにかくロキノン系が好きで、メジャーなアーティストの参加はなんか合わないなと思ってました。とか言いつつ、スピッツの『空も飛べるはず』よかった~!ウルフルズの『借金大王』も大盛り上がりだったし、十分楽しんでました。(笑)サザンが出た時は、本当にビビりました。「すごいフェスだな」とたじろんだけど、今はそれどころでは無い規模のフェスになりましたね。

終わりに

チケット代の推移をまとめるのが1番の目的でしたが、ブログでグラフを作るというのを一度やってみたくてこの記事を書きました。ちょっと不格好なグラフですみません。