【フィンランド旅】2日目:マリメッコ本社~スオメンリンナ要塞~かもめ食堂

かもめ食堂感想

1日目は「おお、これが海外・・・」とビビっている間に終わってしまいましたが、2日目は観光らしい観光スタートです。

2日目

地下鉄に乗る

ヘルシンキの地下鉄

kampi駅から、マリメッコの本社があるHerttoniemi駅に向かいます。ヘルシンキの地下鉄には改札がありません。改札の代わりにカードをかざす機械があるだけでした。

ヘルシンキの地下鉄座席

あと座席がこんな感じでクッション類が無いのも新鮮でした。オシャレだけど、ちょっと滑る。(^^;)

マリメッコの本社へ

目的は、アウトレット商品を買うことと社食でお昼御飯を食べることです。地図を事前に用意しておいたんですが、海外だと土地勘が無さすぎて全然わからない。/(^o^)\そこでグーグルマップに案内してもらって、無事たどり着きました。

フィンランドVOLVO

↑行く途中にあったVOLVO。この建物の手前を右折して、しばらく歩いて到着。

マリメッコ本社

いろいろ買うかな?と思ってましたが、アウトレット価格とは言え高価ですし、ユーロ圏の物価の高さにビビってたり、まだフィンランドに慣れてなくて全然買いませんでした。旅行最終日に行ったら、また違ってたかも?

マリメッコ袋

唯一買ったのが、布。好みの柄が買えて満足です。布はウニッコ柄が色違いで何種類かあって、買ってる人が多くいました。(もちろんウニッコ柄以外もたくさんあります)マリメッコについては、他の記事でまとめてあります。

marimekkoのアウトレットに行ってみた!

marimekkoの社食に行ってみた!

マリメッコ本社

(´-`).。oOそういえば、マリメッコ本社見学ツアーっぽい集団がいました。もしかしたら本社について説明を聞きながら楽しめるツアーやプランがあるのかも?

マリメッコ周辺の道

帰りは来た道とは別の道を通って駅へ向かいました。まあ、道を間違えたんです。(笑)でもすべての景色が新鮮で迷子も苦になりません。正直、散歩してるだけで楽しいです。

ハカニエミマーケット

ヘルシンキの地下鉄路線図

写真左上のように、ヘルシンキの地下鉄はシンプルなY型なので乗りやすいです。( ^ω^)海外で東京みたいな地下鉄網だったら、涙目です。(一度大阪で海外の人に地下鉄で目的地まで行く方法を聞かれたんですが、説明するのも難しかった。)

ヘルシンキの地下鉄漫画

↑地下鉄に描かれてた。ファンキーな絵柄の漫画(?)

ヘルシンキの地下鉄はシンプルと言っておきながら、降りる駅を間違えてしまいました!(ハカニエミ駅で下車)しかしせっかく降りたので、別の日に行く予定だったハカニエミマーケットへ行くことにしました。(別の日に行けなくなったので、この時寄ってて本当に良かった!)

ハカニエミマーケット

↑写真正面じゃなくて、右の建物がハカニエミマーケットです。食材や雑貨がたくさん売られていて、見てるだけで楽しい!食材は買い方がわからないので、スーッと通り過ぎましたが、雑貨ほ欲しいものがたくさんあったのでキャッキャ言いながら見てました。

気になったものの1つは、鶏肉を入れる袋。鳥の形をしてて可愛かったですし、なぜか横に日本語で説明が書かれてました。日本人観光客に人気なのかな?

日本でも観光地によくある『名前が書かれた』キーホルダーが売ってて、フィンランドでも同じ名前がある人は見つけた時すごく嬉しいと思います。(^^)

路面電車

ヘルシンキ路面電車

また地下鉄の乗り場までエスカレーターを下るのも面倒だったので、路面電車に乗ることにしました。初路面電車だったので、「どの乗り場?何番に乗ればいいの!?」と路面図や表示を真剣に見ました。旅行最終日には路面電車に乗るのは朝飯前レベル!になりましたが、最初は本当にわからなくて何度も電車を見送っていました。

「多分これで大丈夫なはず!」という路面電車にえいや!っと飛び乗って、路面電車デビュー。路面電車で気をつけたいことは、優先席のマークが見えづらい場所にあるので乗ったらよく見る事。(座席がない場所は、乳母車の優先スペースだったりしました)海外でも(自分のことでいっぱいいっぱいにならずに)周りの人のことをちゃんと気遣いたいです。

スオメンリンナ要塞へ行く

フィンランドかもめ

↑人が来ても堂々としてる、フィンランドのかもめ。日本人(私達)と他の国の女の子一緒になって、はしゃいで写真撮ってました。

路面電車をKauppatoriで下車。降りれば目の前は海!港!マーケット市場!でも、目的はスオメンリンナ行きのフェリー。事前にフェリーの写真を見ておいたので、その記憶を元に探しました。(案内板などの文字を読むことはしない)無事フェリーは見つけたけど、乗り方がわからない。おたおたしてると、フェリーに乗った係員さんに口笛を吹かれました。「これは早く来い!」ってこと!?

係員さんにヘルシンキカードを見せたらあっさりOKでフェリーに乗ったらすぐに出港しました。ちょうど出港時刻だったようです。乗り場に時刻の表示がしてあったんですが、その時間は関係なかったみたい??(あれは何の時間だったんだろう?)

フィンランドフェリー浮き輪

(´-`).。oO フェリーの浮き輪の上にあった絵の意味がさっぱりわからない・・・

フィンランドフェリーで鳥に餌やり

日本ではフェリーで海鳥に餌やる事がよくありますが、ここではNG。

関連記事:伊根湾めぐり遊覧船は『鳥』が見どころかもしれない

フィンランドフェリー

小心者なので、フェリーのどこに居たらいいんだろう・・・隅っこに居たい・・・などとコソコソしつつ景色を眺めてたらあっという間にスオメンリンナ要塞に到着。

スオメンリンナ要塞

スオメンリンナ要塞

スオメンリンナ要塞

まさに要塞!という所もあれば、普通に生活している人たちも居る場所なので日常も感じられる場所でした。

スオメンリンナ要塞の集合住宅

↑たぶん集合住宅。可愛いです。写真撮ってる自分達の影が入っちゃってますが、それも含めて旅行中撮った写真で一番のお気に入り。

オールドマーケットホール

オールドマーケットホール

またフェリーに乗って帰ってきました。夕方はフェリーの本数少ないので注意が必要。(すぐ来ると思ったら全然こなくて、しばらく港で待ってました。事前に調べておくんだった!)もしスオメンリンナ島から出られなかったらどうしよう!とか考えちゃいましたから。

その後、港にあるオールドマーケットホールへ行きました。

オールドマーケットホール

有名な所なので見てみよう!という軽いノリで入ってみました。雰囲気が素敵です。(*´ω`*)

アカデミア書店へ

フィンランド路面電車

また路面電車に乗って、アカデミア書店へ行きました。欲しいお土産の1つに、フィンランドの女性誌があったんですが好みのものが無くて買いませんでした。日本の女性誌とは全然違いますね。洋服などのオシャレ<部屋のオシャレの方が優先な文化なのかな?ファッション誌より、インテリア雑誌の方が充実してる印象がありました。

あと、カズオ・イシグロの本が平積みで多数売られていて「やっぱりノーベル賞ってすごいんだなぁ」って実感しました。装丁も日本とは違うので、表紙を見るだけでも面白かったです。

カフェ・アアルト

カフェ・アアルト

カフェの入り口に立ってキョロキョロしてたら、店員さんが日本語のメニューをくれました。

日本人ってわかってくれた!?

このカフェは映画『かもめ食堂』に登場したので、日本人観光客が多いせいかもしれません。ありがたや~。

普通は好きな席に座れば店員さんがオーダーを聞いてくれるようです。私達は貰った日本語メニューを貰って、好きな席に座ってオーダーしました。(料金は後払いだけど、レシート兼注文伝票を先にくれる)この後夕飯を食べに行くので、軽く飲み物を飲んで一休み。

かもめ食堂

かもめ食堂フィンランド

夕飯はかもめ食堂で食べました。行く前ネットで味の不評感想を読んでたのでちょっと心配していましたが、美味しかったので良かったです。(笑)

かもめ食堂ミートボール

フィンランド名物ミートボール(ベリーソースのせ)も食べられて大満足!

終わりに

フィンランド満月

この後、また路面電車に乗ったり、お散歩したりしながらホテルへ帰りました。月がほぼ満月で明るかったです。フィンランドだと月がとても大きく見えたんですが、気のせい??

とても盛りだくさんな1日でした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る