【湯河原】『飯田商店』のお土産ラーメンを家で作って食べてみた

飯田商店持ち帰りラーメン

湯河原の有名なラーメン屋さん『飯田商店』。ラーメンに詳しくない私でも名前を知ってる程ですが、どれぐらい有名なのかはわかっていませんでした。今は新型コロナでネット予約が出来ますが、以前は開店前に並んで整理券を貰わないと食べられなかったそうです。

 

(´-`).。oO そ、そんなにすごいのか~

 

今回、湯河原旅行でお店の前を通ってみたら冷凍のお土産ラーメンが売ってたので、買って家で作って食べてみました。

 

スポンサーリンク

お土産ラーメン

内容

飯田商店お土産ラーメン

セット内容は、麺とスープが3人前とチャーシューのブロックが1つ。

飯田商店チャーシュー

チャーシューの厚みはこれぐらい。

飯田商店化粧箱

この化粧箱に入れられて販売されていました。冷凍で且つ保冷剤が2つ入っていましたが、家に着くまで(2時間ぐらい?)スープがカチカチに凍っていたのにはびっくり。すぐには食べないので、化粧箱のまま冷凍庫に入れました。

 

お土産ラーメンを食べる!

チャーシューを解凍する

最初に困ったのが、チャーシューの解凍。

飯田商店チャーシュー

箱の中にはラーメンの調理方法が書かれた紙は入っていたのですが、チャーシューについては商品の説明ぐらいしかありません。店員さんに聞いておけば良かった!

 

(´-`).。oO どうしようかな~

 

ネットで検索しても出てこないので、飯田商店以外のチャーシューの解凍方法を参考にして、冷蔵庫で真空パックのまま自然解凍しました。完全に解凍されるより、ちょっと凍ってるぐらいの方が切りやすそうですが、9時間ぐらい冷蔵庫に入れておいたら完全に解凍出来てしまいました。

 

チャーシューの袋を開けると、醤油のすごくいい匂いがします。チャーシューを取り出した袋の匂い嗅いでるだけで幸せ。

油が多くてすべるので、薄く切るのが難しい・・・。

 

(´-`).。oO それなら厚いままでいいや~

ラーメンを作る

スープの湯で時間が15分ぐらいなので、先にスープを温めて、麺を2~3分茹でて盛り付けて完成!

トッピングはネギとチャーシューのみです。(ネギは長ネギしかなかったので、長ネギの緑の部分をのせました)

飯田商店持ち帰りラーメン

店員さんにチャーシューの脂身がスープに溶け出して美味しいと聞いていたので、スープにチャーシューを入れて油がぶわ~と出てきた時テンション上がりました。

食べてみた感想

これが人生初の飯田商店のラーメンです。なのでお店で食べた時とは比較は出来ません。

食べた一番最初の感想は「懐かしい味」。古き良き日本の醤油ラーメンの美味しいもの・・・というのが、一番しっくりくる感想でした。食べながら昔食べた町のラーメン屋さんをいくつも思い出していました。

チャーシューはこってりしてて美味しいけど、ちょっと入れすぎたので途中で白ごはんを用意してチャーシュー丼にして食べました。(笑)こういうことが出来るのは、お土産の良さですね。

 

こういう醤油ラーメンってちじれ麺の方が好きなのですが、飯田商店のラーメンにはこの細麺がとても合っていました。スープまで全部完食!

残ったチャーシュー

解凍したチャーシューはそんな日持ちしないと思ったので、翌日にチャーシュー単体で食べてみました。ラーメンスープに入れない状態だと、一般的なチャーシューと比べると味が薄め。これはラーメンスープに入れた状態に合わせて作ってあるのかな。

そのままでも美味しいですが、自分でいろいろ味を足したりしながら食べて楽しみました。

 

終わりに

ネットショップではチャーシュー無し(今の所は)ですが、チャーシューあったほうが断然美味しいです。予約出来なかったのでお店では食べられませんでしたが、こうやってお土産でお家で食べられて良かったです。