【感想】奈良市の竈(かまど)で朝ごはん!お釜で炊いたご飯を朝から食べられるお店

朝ごはんやってます

お釜で炊いたご飯が食べれる!ということで、奈良旅行の朝ごはんに竈(かまど)に行ってきました。

 

感想

お店に行く

私は近くの宿に泊まったので、歩いて行きました。(徒歩10分)

▽泊まった宿はこちら

お店に到着

竈

この茶色の建物です。隣に駐車場もあるので、車で来ている人もいました。日曜日の8時15分頃に行ったのですが、すでに満席!さらに待っている人もたくさんいます。

入店したら、紙に名前と人数を記入して券売機で食券を買って待ちます。私は入店~席へ案内~注文した料理が届くまで、約30分かかりました。席に案内されれば、そこからは早かったです。

奈良

待ち時間にお店の近くを散策。同じ敷地内に竈以外のお店もありましたが、この時間はまだ開いてませんでした。

秋の桜

でも、綺麗な桜が見れて良かったです。

食べる!

大和の朝ごはん

私は『大和の朝ごはん』を食べました。一般的な豪華な食事では無いですが、1つ1つ美味しかったです。1つ贅沢を言えば肉か魚か卵が食べたかった!普段そういう食生活をしているので、そこが物足りなかったです。でもたまにはこういう食事をしてみるのも有りかな。

公式HPに、

食堂 竈 Kamado の一番のご馳走は、炊き立てのごはんです。

引用元:竈 | 鹿の舟

と書かれてたんですが、まさにその通り!そう思ったのは2杯目のご飯を食べた時。ご飯のおかわりが出来たので、もう一杯いただいたんですがそれがとっても美味しかった!

ちょうど炊きたてだったのか、それともおかわりの場合ご飯をついだらすぐに持ってきてくれるのでよりホカホカご飯だったからなのか理由はわかりませんがとっても美味しかったんですよね。ご飯2杯食べるなら、生卵も注文しておけばよかった!と食べてる途中に気づきました。(笑)

もし次行くことがあったら、『大和の朝ごはん』と『生卵』を注文したいです。

 

終わりに

北京終町

食べ終わった後は竈から徒歩圏に北京終町のバス停があったので、ここからバスに乗って奈良観光に出発しました。

私はお店についてから食べ終わるまで1時間ぐらいかかったので、その後の予定がある人は早めに行くか時間に余裕がある時に行くと良いと思います。

鹿の舟
伝統的な生活文化が今も色濃く残る奈良町の魅力を、より活かすため、いわゆる“案内”だけでなく、その生活文化に触れ、これからの生活を共に考えることをテーマに様々な楽しみをお届けします。

営業時間などは、公式HPをご確認下さい。