クリスマスに語れる思い出が・・・無い!

箱根彫刻の森美術館

今年のクリスマスはNHKのハートネットTV「B面談義 クリスマススペシャル」を見てめちゃくちゃ面白かったんですが、番組を見てると出演者の方や街頭インタビューの人がいろいろとクリスマスの思い出を語るわけですよ。彼氏にこんなプレゼント貰ったとか云々。

(^O^)・・・・

(^O^;)あれ?私、クリスマスに語れる思い出が何も思い出せない・・・。

子供の頃のサンタやらクリスマスプレゼントの思い出ならあるんですが、思春期以降がなんにも無い!何してたっけクリスマス!?

でも冷静に考えたらひねり出た思い出があったので、ちょっと書いてみます。(思い出と言っていいのか怪しいレベルだけど)

クリスマス・エピソード

クリスマスの何週間か前、ネットで男子大学生とチャットして遊んでいました。

その時の会話で「バイト先の女の子をクリスマスイルミネーションに誘った」と言うじゃありませんか。ヒューヒュー!

ところが話を聞いてみると、その男子大学生はバイト先の女の子のことが好きなわけじゃ無いらしい。ただイルミネーションが見たいだけ。でも男一人で行きづらいから誘ったと。

なんて罪な男!!絶対その女の子誤解してるよ!

でもこの話、冷静に考えるといろいろおかしいんですよね。

そもそも、綺麗なイルミネーションをクリスマスに男一人で見に行きづらい空気。

そして、クリスマスに異性を誘ったら=好きだと思ってしまう思考回路。

クリスマスという縛りの中で偏った考えに縛られる人間のなんと愚かなことか!

ということで、男性一人でイルミネーション見てても変だと思わないで欲しいし、むしろ綺麗なものを楽しみたいというピュアな心を持った人がいると暖かく迎えて欲しい。

そして、クリスマスに異性に誘われたからってキャーキャーしてはいけない。・・・いや、場合によってはキャーキャーした方が良いのかな?好きな異性を誘ったのに「フーン」って態度取られたら悲しいか。でも、そうじゃない場合もあるしなぁ。

ああ、縛られてる。クリスマスめっちゃ不自由・・・。

クリスマスについて考える

クリスマスって一体何をどうしたら良いんでしょうね?

個人的には、クリスマスより年末を押したいです。だってクリスマスって中途半端な時期じゃないですか。あと少し仕事すれば休み!(学生はもう休みだけど)

社会人的には年末までの仕事を師走スピードで片付けて、

ひゃっほー!開放感!

って一番気持ちいときに、恋人や友人と労ったり、一緒に遊んだり、イチャイチャすれば良いと思うんですけどね。

年末の平日にデートするとか、きっついわ!

でもトレンディードラマ的には素敵ですよね。仕事が忙しくて待ち合わせに遅れ、走って恋人のもとへ!綺麗なイルミネーションに心ときめくクリスマスソング・・・。

でも、これ年末だったら。忘年会で待ち合わせに遅れて、走って恋人のもとへ!もうイルミネーションは無く、門松が飾られ、街もいろいろ片付けられてスッキリしてると。そして酔っぱらいがいっぱいだー!\(^o^)/

まあ、そんなトレンディドラマもいいんじゃないかな。(超適当)

終わりに

とにかく今日のハートネットTVが面白かったので、今年のクリスマスは良いクリスマスでした。(まだイブだけど)

▽Googleフォト見たら2016年のクリスマスは樋口先生の原画展用のクリスマス飾り作ってました。(笑)

【大阪感想】樋口大輔原画展『ホイッスル!から24年の軌跡』(2016/12/22~26)
前の記事に書いた通り行ってきました。OSAKA!東京会場からかなりパワーアップしてました。