dp2 Quattroの第一印象は「私には難しいカメラかもしれない」

コスモス

欲しい欲しいでいざ買ってみたら、「Oh・・・/(^o^)\」とちょっと戸惑ってるカメラ初心者の感想です。

 

感想

私のカメラの使い方

カメラで写真を撮ることは好きですが、そんなにこだわりがありません。元々絵を描く資料用に写真を撮ることが始まりだったので、必要な情報(絵)をカメラに収められるだけで満足していました。

カメラの専門用語も勉強してみましたが、全然覚えてないです。

なので、基本的に気に入った設定で写真を取り続けてる感じです。(気に入った設定もどうやって設定したのか忘れてることがしばしば)

部屋の中で写真撮影

まず部屋の中で写真を撮りました。dp2は35mmカメラ換算有効画角が約45mmです。今まで使っていたカメラ(GR DIGITAL II)が約28mmだったので、まずはその違いにびっくりしました。

28mmより45mmの方が写真に映る範囲が狭いです。28mmだと立った位置から広い範囲の写真が撮れましたが、同じ写真を45mmで撮るならもっと後ろに下がらないと全部入りません。この距離感が最初慣れなくて戸惑いました。(45mmは目で見た時と近い写真が撮れるメリットがある)

▽dp2の画角の違いは、こちらのページがわかりやすいです。

超絶解像度を誇る孤高のカメラ シグマ「dp Quattro」シリーズを一挙比較!【前編】 | GetNavi web ゲットナビ
シグマは、カメラをかじっている人ならレンズ専業メーカーというイメージがあるかもしれないが、実はフィルム時代からカメラ本体も開発している、れっきとしたカメラメーカーだ。 シグマのデジタルカメラ第1号は、2002年発売のレンズ交換式デジタル一眼レフ「SD9」。その後「SD10」「SD14」「S...

接写が難しい

部屋の小物に近づいて写真を撮ってみます。

ピンぼけ写真

(´・ω・`)ピントが合わない・・・

GR DIGITAL IIがマクロ撮影得意だったので(被写体~レンズ先端まで最短1.5cmで撮影可能)、dp2はどれぐらいの距離で撮れるかいろいろ試してみました。マクロ得意じゃないのは知ってて買ったんですが、いざ撮れないとやっぱりこのカメラを買って良かったのか悩む。

いい写真が撮れない

何をもっていい写真とするかは人それぞれですが、撮れた写真がイマイチ気に入りません。もしかして自分でいろいろ設定をしなければ好みの写真が撮れないカメラなんじゃないか!?果たして使いこなせるようになるだろうか???/(^o^)\

レンズカバーがあること

撮りたいと思ったら電源を入れるだけですぐ撮れるカメラもありますが、dp2はそれにレンズカバーを外すひと手間が必要です。

(´・ω・`)ちょっと面倒くさい

私みたいなライトなカメラ好きはレンズカバーの無いカメラにするべきだったかも。(昔一眼レフのレンズカバー失くしたこともあるし。)

カメラを持って外に出てみる

dp2は私にはまだ早かった・・・という気持ちになりましたが、それがガラリと変わりました。

コスモス

このコスモスの写真の感じ!好き!

写真としてはいろいろお粗末ですが、この何も設定してない状態(買ったときのまま)で撮った写真ですら私好みでときめきました。シャープな写真が撮りたいと思って買ったので、そこは理想通りで嬉しいです。

コスモス

白黒の感じも良い・・・。もっといろいろ試したり、写真を撮ったり、カメラの勉強していい写真が撮りたい!という気持ちに変わりました。

 

終わりに

部屋の中より屋外で撮ったほうが楽しかったです。とにかくいろんな写真を撮ってみないとわからないので、このカメラを持って旅へでかけてきます~。