名古屋駅から小田原駅まで、安い新幹線の切符を買う

名古屋駅

最初は『ぷらっとこだま』というお得な切符を利用するつもりでしたが、名古屋~小田原間の販売は無いんですね。(2020年10月現在)

  • 東京
  • 品川
  • 新横浜
  • 静岡
  • 浜松
  • 名古屋
  • 京都
  • 新大阪

この8駅間のみ。

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ
こだま号片道プラン「ぷらっとこだま」。新幹線を利用したパッケージツアーを、専門店ならではの価格と品揃えでご用意しています。おすすめツアー情報やランキングのご紹介、お得な旅行プランの検索、ホテルや旅館の宿泊予約もできます。

 

なので、名古屋市内の金券ショップで安い回数券を探してみました。

 

スポンサーリンク

小田原~名古屋の回数券の相場

ネットで金券ショップの販売金額を調べると、ほとんどが7980円。(2020年10月現在)

これより安く買えればラッキーぐらいの気持ちで探してみました。(普通に駅で切符を購入した場合は8570円です)

 

探してみた結果

名古屋駅~大須~栄~ナゴヤドーム辺りに用事があったので、歩きながら金券ショップを見つけたらお店の料金表を確認するぐらいのゆるい感じで探してみました。

ネットで見た相場と同じ7980円のお店もあれば、8000円オーバーの店もあり、唯一相場より安い7880円のお店があったのでそこで購入しました。これ以上安い店もあるかもしれませんが、差額は数百円だろうし、ちょっとでもお得に買えたならそれで満足です。

 

ちなみに購入したお店は、『アクセスチケット 名古屋 大須店』です。

アクセスチケット 名古屋 大須店
チケット販売業・金券買取・外貨両替

また新幹線利用する時に覚えておこう。

 

小話

『ぷらっとこだま』を利用できないのは残念でしたが、新幹線回数券ならひかりが利用出来ます。

  • 名古屋→小田原間(こだま) 2時間1分
  • 名古屋→小田原(ひかり)※小田原まで他の駅に停まらない場合 1時間7分

名古屋からノンストップで小田原まで行けるのは、1時間も早いですし楽です。それなら『ぷらっとこだま』じゃなくても良いな~と思えるぐらい快適でした。

小田原駅に停まらないひかりもあるので注意。その場合は、静岡か浜松でこだまに乗り換える必要があります。