目覚ましに最適な『音楽』を考える

数年前までは、小学生の頃工作の授業で作った目覚まし時計を使ってました。時計部分の物がいいのか、20年ぐらい経ってもまだ使えたんですよね。

で、それが無くなって、今はガラホ(ガラケーみたいなやつ)にCDの音楽を入れてそれを目覚ましに使用しています。いろいろ試してみて、目覚ましに良かった音楽の話など書いてみます。

 

スポンサーリンク

目覚ましに最適な音楽の『案』

September Earth, Wind & Fire

長いこと愛用(?)しているのがこの歌。

まず目覚ましとして素晴らしいのが、前奏が静か→だんだん騒がしくなっていく所。びっくりして目が覚めるのは心臓に悪いので、こんな感じに徐々に音が大きくなっていくのは有り難いです。(目覚まし視点の感想)

もともと大好きな歌なので、朝から聴けて気分が良いですし、テンポも早すぎず良いので楽しい気持ちで目を覚ますことが出来ます。

目覚ましをかけているのは平日の5日間だけですが、これを1年以上聴いてもまったく飽きませんでした。素晴らしい。やっぱり自分の好きな歌というのが大きいですね。

Third Time Lucky Basia

口笛の爽やかなメロディでこの歌は始まります。これが良い!まるで小鳥のさえずりで目を覚ますかのよう。( ˘ω˘)スヤァ

爽やかな音楽を聴きながら徐々に目を覚ましていく感じが心地よいです。心臓にも優しい。ちょっと上質な気分にも浸れて、音楽1つでこんなに生活は変わるのかと思わせてくれました。

 

目覚ましに合わなかった音楽

Learn To Fly Foo Fighters

好きな歌なので選んでみましたが、最初のギュオーンというギターの音にびっくりして飛び起きてしまうので心臓に悪いです。/(^o^)\

そこさえ過ぎてしまえば穏やかなメロディで目覚ましに良さそうなのですが、いかんせんギターの音の刺激が強い。

 

(´-`).。oO 目覚ましとして使うまでは、ギターの音はとてもかっこいい・・・ただそれだけだったのに・・・

 

その代わり、ちゃんと起きることは出来ます。びっくりするけど。(笑)

あと、この歌のPV始めてみたのですがタイトルの『Learn To Fly』を「そういう意味で使うのか!」と爆笑してしまいました。(飛行機のパイロットが体調不良になったので、飛行機の飛ばし方を本(?)を見ながら学ぶ。まんまやないかい!)こういうの大好き。(^o^)

合わないという程では無いけれど・・・

堂島孝平さんの『6AM』。完全にタイトルで選んでます。

これも若干前奏が流れるとビクッとして起きます。テンポが早いせいか、「さあさあ起きなよ!」という幻聴が聴こえて、早めに起きれるのは有り難いです。休日、誰かと待ち合わせして寝坊できない時によく目覚ましに設定してますね。使い分け~。

 

他に試してみたい音楽

パソコンにUSB接続したガラホに音楽を移動させる手間が面倒なので、なかなかいろんな音楽を試していません。今、良さそうだな~と思ってるのは、JamiroquaiのVirtual Insanity。

心臓にも優しそう。(^o^)

 

終わりに

世間の皆様は何を目覚ましにしてるのでしょうか?(素朴な疑問)私の回りではスマホのアラームがダントツに多いです。

 

(´-`).。oO スマホのアラームだと起きられないんだよ~

 

また年単位で目覚ましに合いそうな音楽を探し求めていきます。いい音楽で目が覚めるのは、やっぱり気分がいいですからね。音楽の力は偉大。