『Intuos Pro Paper Edition』の描画エリアが正確なのか調べてみた

私は『Intuos Pro Paper Edition』をパソコンに接続せずに絵を描いています。

イントゥオスペーパーエディションで絵を描く

描き終わったらパソコンに接続して取り込み。

イントゥオスペーパーエディションで描いた絵をパソコンに取り込む

なので、リアルタイムで絵がちゃんと取り込んで問題ない状態なのかわかりません。

 

(´-`).。oO Wacomさんを信じていないわけでは無いけど・・・

 

なので一度、描画エリアを確認してみることにしました。

 

スポンサーリンク

確認スタート

やり方

イントゥオスプロ

『Intuos Pro Paper Edition』には四隅にグレーの短い横線があります。この線の内側が描画エリアです。正確にこのエリア内に描いた絵がちゃんと取り込めるのか調べます。

調べ方

こんな感じでエリア内・外挟んでうさぎの絵を描きました。

結果

うさぎの絵

描画エリア内に描いた耳はちゃんと反映されてました。

でも、描画エリア外はバッサリ切れてるので、ギリギリに描くのはやめて少し余裕をとって描くのが良さそうです。

気になったこと

イントゥオスプロペーパーエディション

下に謎の余白がありました。左右と上は描画エリアで切れているのに。(不都合な無いけど)

 

終わりに

「描画エリアギリギリに描いた線はちゃんと認識されるのか?」と心配だったので、一度確かめて実感できて良かったです。