欲しい服が『セール期間中』だとわからなくなる話

洋服のセール

こんな感じで、先日もセール品を眺めていたら

本当にこの服が着たくて悩んでいるのか?割引率が高くてお得だから悩んでいるのか?わからなくなりました。値引きされてなかったら買わなかったと思う。

 

結局買ったんですが、やっぱり元値が高いせいか生地の肌触りが良く着心地も良かったです。買って満足。

 

数年前までは良いものを長く着ようという基準で服を選ぶことが多かったのですが、そういう服は気軽に着られないので(汚れると落ち込む)、それとは別に気軽に着れる服が欲しいと、こうやってセール品を買うことが増えました。

汚れてしまっても「洗えばいいやー!」と気楽に考えられるし、こういう服もあって悪くないです。

 

なんだか、セールに釣られて、本当に欲しいかわからない服を買う自分をどうなんだと悩んでしまいましたが、これはこれで良いような気がしてきました。

 

ちなみに私がセール品を探すのは、『楽天ファッション』が多いです。今回の80%オフの服もそうでした。

あと、購入したことはまだ無いのですが『Rename』という売れ残った服のタグを取って、元値より安く販売(ブランド価値を取るので)しているお店も気になっています。

ブランド価値にこだわりが無いので、上質な服が手頃な価格で買えるのは嬉しいです。洋服の廃棄問題も解消したいですし。(もっとも市場に供給される洋服が多すぎだと思います。)

Renameについて【番外編】|なぜRenameはアパレル業界に受け入れられたのか|Rename | 服の新しい売り方|note
みなさんこんにちは、広報・PRの中原です。 今回のnoteでは、以前公開した「Renameについて【前編】【後編】」では書ききれなかった内容についてお伝えします。 Renameは2016年のサービス開始から、約30万点もの服を取り扱ってきました。取り扱いブランド数も約30にまで拡大しています...

noteにいくつか『Rename』の記事があるので、興味がある人は読んでみて下さい。

Rename.jp - 服の新しい売り方 | リネーム公式通販
Rename(リネーム)は、元は違うブランドのアイテムです。品質やデザインはそのまま。お手軽プライスで新しい価値を。今まで出会わなかったアイテムと出会えるファッション通販サイト。ブランド保護と製品の有効活用を目的とし、ブランドタグをチェンジしています。

今の所、『Rename』は元が良いブランド服なので、あまり私の日常で着れる服が無いです。(カジュアルな服が好き)あと、欲しい服のサイズが無いことも多い。サイズ別で服を探せる機能があったら良いな~と思います。Lサイズって結構売り切れてること多い。