【感想】アニソンって一瞬わからないボサノバカバー『あのうた』

70年代&80年代のアニソンをボサノバテイストでカバー&アレンジしてるCDです。しばらく聴いてみないと、元がアニソンってわからない歌もあります。可愛い歌声と、軽い調子が心地いい1枚です。

収録曲

  1. 銀河鉄道999
  2. 悲しみよこんにちは
  3. やつらの足音のバラード
  4. 君をのせて
  5. はじめてのチュウ
  6. ロマンティックあげるよ
  7. 裸足のフローネ 
  8. 恋の呪文はスキトキメキトキス
  9. 真赤なスカーフ

めぞん一刻、はじめ人間ギャートルズ、ラピュタにドラゴンボールに、ふしぎな島のフローネ・・・と、作品のジャンルはかなりバラバラ。個人的にすごく好きな歌は無いけど、やや好きな歌が多い1枚です。

実際聴いてみて、1番良かった、良すぎー!ってぐらいのが『やつらの足音のバラード』です。原曲からかなりアレンジしてて、テンポも早くなってます。

爽やかで可愛いです。透明感のあるスッキリした声も聴いてて気持ちがいいです。

△ちなみに原曲はこちら。しみじみして、染みるのはこっち。

感想

全体を通して、romiさんの可愛い・爽やかな歌声が心地がよく、ボサノバアレンジともとても合っていると思います。

なので作品のジャンルはバラバラではCDとしては統一感があって、順番に流しながらのんびりドライブ中に流しても違和感が無い。

あと、前奏がオシャレな曲が多くて、これは何の歌だろう?とワクワクします。『銀河鉄道999』と『君をのせて』が特にお気に入りです。

『真赤なスカーフ』は原曲とのあまりの違いっぷりに、しばらく聴いてようやく「・・・真っ赤なスカーフだ!!」と認識できました。女性ヴォーカルでこの歌をカバーするのって、珍しい気がします。新鮮でした。

終わりに

昔好きでよく聴いてたんですが、今日久しぶりに聴いてみたらやっぱり好きで、「いろんな人に聞いて欲しいな」と思い記事にしました。

▽2もありますよ~

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る