若いうちに手相を見てもらって良かったこと

手のひら

25歳ぐらいの時に、手相を見てもらいました。もしそれが30歳だったら・・・今の人生とは違っていたと思います。

若いうちで良かった理由

軌道修正可能だから

適職や恋愛関係のアドバイスをもらっても、30歳ぐらいになると今更すぎて生かせなかったり、なかなか軌道修正が難しい場合があります。「もっと早く知ってたら良かったのに!」って後悔してたかもしれません。

自分のことを早くに知れる

手相から私はどういう人間なのか見てもらいました。「言われてみればそう!」という様な、自分の性格や特徴をたくさん言語化して貰えて、自分のことをより知ることが出来ました。

これって就活とかにも役に立つかも?

特に役立ったこと

30歳近くなると、結婚に焦る人いますよね。私もそうでした。30歳過ぎたら、もう相手見つからないんじゃないか?なんて不安に押しつぶされそうになったり。

しかし、25歳の時の手相占いで

結婚は32歳頃。30歳過ぎに知り合ったと人と結婚する。

と、言われてたんです。じゃあこの20代の悪あがきは全部無駄!?いやいや、占いを信じて結婚出来なかったら困るし・・・。と、いろいろ悩みながら結局30歳までに結婚しませんでした。

もしこの占いがなかったら、27歳ぐらいで結婚してたかもしれません。でも当時、結婚しても半年ぐらいで離婚しそう・・・と思ってたので、焦って結婚しなくて良かったです。相手にも迷惑ですし。

30歳前を少し冷静に過ごせたことは、本当に良かったです。

終わりに

人によっては「若いうちに見てもらわない方が良かった!」という場合もあるでしょう。私はこういう理由で、若い内で良かったですが、こういうタイミングも1つの縁ですね。

(´-`).。oO 問題は32歳の時、どうなってるかだよなァ・・・

△30歳前の女の結婚への焦りや迷走がすごく良く分かる漫画。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る