熱海城・地下の無料ゲームセンターの話

熱海城ゲームセンター

熱海城の地下には、ゲームセンターがあるんですよ・・・。

 

スポンサーリンク

熱海城のこと

熱海城

静岡県熱海市にある城ですが、一般的な歴史ある城では無く、観光用のコンクリートの城です。なので、大阪城や松本城みたいなイメージで行くとびっくりするかも。

 

ゲームセンター

ワニワニパニック

その熱海城の地下にはゲームセンターがあるのですが、これが入城料を払えば無料で遊べるというゲーセン好きには堪らない空間です。私の目的は最初から、このゲーセンで遊ぶことです!

ただ、最新のゲーム機はあまりありません。私自身、最近ゲームセンターに行かないので、どれが新しいかわからなかったんですが、レトロゲーの他に「これはわりと新しいんじゃないか?」と思えるものもありました。

ダンスダンスレボリューション

アラサー世代にとっては、音楽ゲームに使われてる曲が10~20代に慣れ親しんだものだったり(LOVEマシーン・チェリー・愛のしるし、などなど)、中高生の頃遊んだゲーム機があったりするので、同世代で行くと、「懐かしい!」なんて話題で盛り上がるかもしれません。

だいたいスタートボタン押せば遊べましたが、エアーホッケーは売店で手続きが必要でした。

ゲームの他には

卓球台と、子供用の室内遊具、トランポリン(子ども用)、竹馬がありました。

 

混雑具合

私が行った日の場合です。日曜日の14時半~16時半の2時間遊んで、お客さんはゲーム機に対して半分よりやや多め。でも何かしらゲームは空いてたので、待たずにひたすら遊ぶことが出来ました。エアーホッケーと子供の室内遊具がやや混んでた印象です。

卓球台は複数あったので、空いてる台がありました。

 

良い点

一般的なゲームセンターと違って観光客がワイワイしてる感じなので、下手とか気にせずに遊べたのは良かったです。

ゲーム機の騒がしさもそんなに無いので、おしゃべりしながらゲームで遊ぶことが出来ました。

あと、写真の通り明るいです。(ゲームセンターは暗い所が多い)

 

遊んだゲーム

  • レースゲーム×2
  • リズム天国×1
  • ガンシューティングゲーム×6ぐらい
  • 全身で踊るゲーム×1
  • ドラムマニア×1
  • DDR×2
  • バスケットボール×1

1回100円で計算すると、1400円分!十分元取れました。(入城料は900円)

特に良かったのが、ガンシューティングゲーム。(The House of the Dead)普通のゲーセンだったらすぐ死ぬので(下手だから)連コインしないと先へ進めませんが、ここだったらボタンを押すだけでコンティニューが出来るのでスイスイ進めました。お金のこと気にしなくて良いって素敵・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし、こんな長時間ガンシューティングゲームをやったことが無かったので、腕がしびれて続行不可になり止めました。今度は腕を鍛えてから来なきゃ!(腕力的な意味で)

他の利点

「お金を払うなら難しそうなゲーム機は避けよう、なるべく長く遊べるものにしよう」という考えだったのが、ここでは気にしなくてよかったのでいろんなゲームに挑戦出来ました。

そしたら、かんたんモードより難しいモードの方がやり甲斐があったり、意外と難しくなかったりで楽しい!

ドラムマニアも、ドラムに触ったことが無いから避けてたのに簡単にできてすごく楽しかったです。本物のドラムも叩いてみたくなりました。(^^)

 

終わりに

IMG_20171210_1656540 (1)

熱海城のある場所が錦ヶ浦山頂なので、立地としてはわざわざ行く場所です。(車で熱海駅から10分。又は、アタミロープウェイに乗る。)熱海駅から徒歩圏だったら、ちょくちょく遊びに行きたいなぁ。

一応、熱海城の他のフロアも見てきましたので、その感想は別に書きます。