【フィンランド旅】キアズマ(ヘルシンキ現代美術館)感想

キアズマ感想

美術館巡りが大好きですが、海外は初です。(;゚∀゚)=3ムッハー 建物も面白かったですが、何よりも「フィンランドの現代アートすげぇ」って感じでした。

アクセス

ヘルシンキ中央駅から歩いてすぐです。適当に歩いてたら「あれ!これキアズマだ!」って普通にあってびっくりしました。よく雑誌とかで見かけるキアズマの写真は裏側から見た姿です。

キアズマ

正面の入り口はこんな感じです。こっちもこっちでかなり面白い造形をしてます。

キアズマ横から

横から見たら芋虫みたい。(^^)

美術館に入ったら

入って左手が受付です。ヘルシンキカードを見せるOR入館料を支払うと、クリップみたいな物を渡されました。体のどこかに付けておいて、入館料払ったよーアピールをする物だと思います。皆さん、服の襟やカバンなどに付けてました。

あと、入館料が結構高いので「ヘルシンキで美術館・博物館巡りがしたい!」って人はヘルシンキカード買ったほうが絶対お得です。(行きたい施設の入館料を一度計算してみる事をオススメします。)

クローク

次は入って右手にあったクロークで上着と荷物を預けました。クロークある美術館って行ったこと無いから、ドキドキです。順番も一列に並ぶんじゃなくてカウンターに荷物と上着を置いて、スタッフさんが順番に持っていってくれる感じでした。これが最初わからなくて、最後尾はどこだ?どこに並べばいいんだ??と混乱してしまいました。(^^;)

預けるとカードをくれるので、引き取りの時にこれで荷物と上着を出してもらえます。無くさないよう注意!

ガイドブック

ガイドブックキアズマ英語

幾つかの言語のガイドブックが置いてありました。日本語は無かったので、英語を貰いました。日本だと受付で貰えることが多いですが、受付の少し離れた所でご自由にお取り下さいという感じで置いてありました。

トイレ

トイレは1階と3階と4階にありましたが、鑑賞前に行っておいたほうが安心なので1階に寄りました。キアズマはちょっと迷路みたいな作りだなーと思って、実際私も迷子になったので、行ける時行っておいたほうが安心かと。(笑)

鑑賞スタート!

入り口正面のスロープを登って2階へ行きます。ちなみにこのスロープ、横から見ると高さが書かれていて自分の身長と同じ高さの下に入ることが出来ます。こういうの楽しい!

鑑賞感想

日本で現代アートの展示を何度か見てきましたが、キアズマで見たものは今まで見てきたものとは別次元の作品が多かったです。(笑)説明も英語だからなんとなくしか理解できないし、「これは日本にいたら見れなかったものかもしれない」となかなか面白かったです。

理解できたか?って聞かれたら、全然です。\(^o^)/でも作品から受け取るものは自由で良いと思うので、わかんなくても自分なりに理解して受け入れたものがあればそれで良いんじゃないかなと思います。それなら言葉がわからなくても十分伝わるものがありますし。

あと、途中展示室がある事に気づかずスルーしてしまった部屋がありました。帰りに気づいて寄ることが出来て本当に良かったです。キアズマの中をバーチャルで移動するゲームみたいなものが出来る部屋でした。これ、面白い!日本の美術館にもあったらいいのに!(ただ英語の会話がほとんど理解できなかった)

キアズマの外

↑キアズマの中から撮った、正面の反対側の写真。天気が良ければ、芝生に座ってキアズマ眺めるのも良さそう。

ミュージアムショップ

キアズマポストカード

最後にお土産を買いました。ポストカードは日本だとだいたい100~150円ですが、フィンランドは1.5~2ユーロで(その時のレートにもよるけど)日本よりちょっと高めです。(1ユーロ134円だと、200~260円ぐらい。)北朝鮮の本が売ってたことが衝撃的でした。

終わりに

ミュージアムショップの隣にはカフェがありましたが寄らず、クロークで預ける時に貰ったカードと荷物・上着を交換して、出口にある箱に受付で貰ったクリップみたいな物を入れてキアズマを出ました。

少し戸惑いましたが、海外の美術館も日本と同じように楽しめました。あと、写真撮影をしている人が結構いて日本だとほぼNGなのでびっくりしました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る