【一人旅】徳島・鳴門一泊二日「船と渦潮と美術館」

眉山

2014年4月末~5月に高知・徳島を一人旅してきました。今回は高知の後、徳島で過ごした2日間について書きます。

▽高知の旅行記はこちら

https://soukuruka.com/2017/03/kouchi.html

 

1日目

ロッカーに荷物をあずけ、バス乗り場で帰りの高速バスのチケットを購入。これで帰りの交通手段確保!

高知でもパスポート貰いましたが、徳島でも『おどる宝島!パスポート』作りました。施設で特典が受けられたり、スタンプを集めると抽選で豪華なお宝が当たるそうです。

徳島城跡

徳島城跡階段

駅から歩いて行きました。お城はもうありませんが、階段を上って高い所から徳島市の景色を眺めました。蜂がいたのでちょっと怖かった。(^^;)

徳島城博物館

徳島城博物館

見応えがあり楽しめました。ちょうど小学生が遠足で来ていたので、一緒に見て回りました。(笑)たまたま聞こえた説明の声にびっくり。徳島には国宝がないのか・・・!(他にも無い県があります。どこでしょう?)

徳島城博物館庭

博物館横の庭も散策。綺麗に手入れされていました。(*´ω`*)

ひょうたん島周遊船

ひょうたん島周遊船

徳島市内の川を船に乗って楽しめます。(30分)気持ちいいし、いい景色。ちょうど『マチアソビ』というイベント開催前だったので、普段は無いアニメイラストを橋の下から見ることが出来ました。

ひょうたん島周遊船マチ★アソビイラスト

↑橋の下に絵がついてるんです。船に乗らなきゃ見れません。(期間限定)

13:05 徳島

| JR高徳線・板野行

13:27 坂東

昼食

坂東駅

駅前の『おいでなし亭』でちょっと遅いお昼ご飯を食べました。鳴ちゅるうどん!

おいでなし亭|鳴門のグルメ|鳴門総合情報サイト【鳴との門】

めがね橋

めがね橋

先ほどお昼食べたお店で知り合った人が車で連れて行ってくれました。来る予定無かったんですが、見れて良かったです。ちょうど橋の所に光が当たっていて素敵!

バルトの庭

昔、鳴門市に『ドイツ人捕虜施設』があり、それを題材にした映画を撮影した時のセットがある場所です。私はこの歴史を全然知らなかったので、行く前にその映画を見ました。

映画は少し教科書的な感じですが、どういった所でどういった事があったのか知るのに役立つと思います。

↑こちらの動画もわかりやすいです。

でもこの施設、2015年5月に閉園してしまったそうです。去年期間限定で再公開されたそうなので、また見れる機会もあるのかな?ガイドさんがつきっきりで案内して下さって、とても濃い時間を過ごせました。

少しお遍路さん

四国第一番霊山寺

坂東駅から徒歩圏に八十八か所巡りの第一番霊場があるので、行ってみました。いつか八十八ヶ所の霊場を巡拝する日はくるのかな?ちなみに行った2014年は『四国八十八ヶ所霊場開創1200年』だったので、普段見れないものも見ることが出来たそうです。私も1200年記念版の納経帳を購入しました。

16:30 坂東

| JR高徳線・徳島行

16:33池谷

池谷駅乗り換え

池谷駅で電車乗り換え。正面に見えるのが駅舎なんですが、線路2本に挟まれてる駅舎って珍しいですよね。2本の線路が反対側にカーブしてる姿がどこへ行くのか不安であり、また楽しい。

16:53 池谷

| JR鳴門線・鳴門行

17:11 鳴門

鳴門駅、到着

鳴門駅

今日は鳴門市に宿泊します。宿に行く前に行きたかったお菓子屋さんがあったので歩いていったのですが、思ったより遠くてヘトヘト。

御菓子処 ことらや

お菓子屋さんの帰りに元気を取り戻さなくては!と奮発してうなぎ屋さんで夕食。高値覚悟だったのに、安くて美味しいうなぎが食べられてラッキーでした。四国のうなぎ良い!

宿にチェックイン

今回泊まったのはこちらのホテルです。駅近!

夜の散歩

鳴門夜の散歩

鳴門市内をうろうろ散歩しました。暗くて怖かった!治安は悪くないですが、明かりがあまりありません。私みたいにうろうろしてる人もいないですし。(^^;)でも、お城はライトアップされてて綺麗でした。