【感想】正方形のかわいいやつ。ゲームボーイアドバンスSP

ゲームボーイアドバンスSP

2003年2月14日発売。もう13年前になるんですね。今ではすっかり見かけなくなりましたが、正方形が大好きなのでお気に入りのゲーム機です。使えるソフトは『ゲームボーイ』と『ゲームボーイカラー』と『ゲームボーイアドバンス』の物。任天堂ゲームボーイアドバンスSP |公式HP

スポンサーリンク

外観

ゲームボーイアドバンスSP

上から。少し傷がついてます。角の丸みが愛らしい。手のひらサイズ。

ゲームボーイアドバンスSP

裏側。下の左右隅にある出っ張りはRLボタンです。その横にある穴はストラップを通す穴。中央にあるのは、充電器をさす所と、通信ケーブルをつなぐ所。

ゲームソフト

パネルでポン

アドバンスで一番遊んだのはこれ。元々スーパーファミコンのパネポンが大好きだったので、いつでも手軽やりたくて購入。キャラクターの妖精さんがいなくなったのは寂しいですが、パズルゲームとしての魅力は変わらずなので楽しく遊んでました。あ、Dr.MARIOはたぶん1・2回しかやったことがない。

あと、このパネポンのすごい所は、このソフトを持ってない人にゲームをあげられちゃうこと!通信でゲーム機(アドバンス)に送ると、相手が電源を切るまでパネポンで遊ぶことが出来ます。一体どういう仕組だったんだろう?任天堂すごい。

PLAY-YAN

これもよく使いました。ややマイナーなPLAY-YAN micro。(通販限定だったので)

PLAY-YANmicro

この中に、音楽データ(MP3)や動画データ(MP4)を入れたSDカードを入れて、

PLAY-YANmicro

ゲームソフトと同じように差し込むと、アドバンスSPで音楽や動画が見れるのです。ウォークマンやiPodが流行っていた時代も、ヒッソリとこれで乗り切ることが出来ました。

値段は覚えてないけど、2000円ぐらいで買えたんじゃないかな?(適当)調べたら5000円でした。携帯音楽プレーヤー買うよりは安かったし、SDカードにファイル入れるだけなので扱いも簡単でした。それに、ゲーム機で音楽聴けたり動画見れるとちょっと感動しません?その意外性みたいなものもワクワクして好きでした。

こんなのもあるよ

ゲームボーイアドバンスミニ

ミニミニゲームボーイアドバンスSP。ガチャガチャの景品です。

ゲームボーイアドバンス

後ろはこんな感じ。通信機が付いてます。(取り外し可能)

ゲームボーイアドバンス

ゲームソフトも取り外せます。こういう細かい動作、嬉しい!

ゲームボーイアドバンス

本物と比べると、これぐらいの大きさ。

ゲームボーイアドバンス

充電用のケーブルも付いてました。(途中で切れてるけど)

ゲームボーイアドバンス

コード抜いてみた。ちゃんと色も塗り分けてて、本物そっくり。

ゲームボーイアドバンス

このミニゲーム機はファミコンも持ってます。全種類集めたかったな~。

▽ファミコンの記事はこちら

ガチャガチャのミニミニファミコンNINTENDO HISTORY COLLECTION
前にミニファミコンの事を書いた記事がありますが、ファミリーベーシックも発見したので全部くっつけてみます。

終わりに

今、中古ゲームショップに行くとゲームボーイ系のソフトはかなり安く売られてます。100円とか。(ちゃんと動作しないものもあるみたいですが)スマホゲームやDS主流の世の中ですが、あえてゲームボーイをするのも有りだと思いますよ!