女の一人旅って危険?気をつけた方がいい事

女の一人旅 一人旅歴も気づけば10年以上。始めたきっかけは忘れてしまいましたが、一人旅を十分楽しんでいます。その中で気をつけた方がいい事や私なりの工夫をまとめました。

財布以外にお金を隠しておく

一人旅の場合、困ったときは自分でなんとかするしかありません。その場合の保険をいくつか作っておくと安心です。 お金を隠しておくことのメリットは2つ。

  • 財布を落とした時
  • お金を使いすぎた時

財布にお金があるとつい使ってしまう人は、予備のお金持っておくと良いです。銀行でおろしても良いですが、手数料がかかる場合もあるしATMが見当たらない所もある。

靴はスニーカーで

又はぺたんこ靴。いざという時走って逃げられるように。あと、旅行中足くじいたら一人で何とか出来る?というのも考えて。

怪しい所には行かない

当たり前といえば当たり前ですが、私は好奇心に負けてちょっと怪しい場所へ行って怖い目に会いました。(^^;)ヤバそうって思ったら、友人と一緒の機会にするなどちょっと慎重に考えたほうが良いです。

夜遅くは出歩かない

夜道が怖すぎる場所もあります。知らない土地はそういうことがわからないので、遅い時間に出歩かない計画を立てましょう。夜間は犯罪の発生率も高いです。 女性の防犯・防災に役立つALSOKのコラム

旅に持っていく物

ゆうちょ銀行のキャッシュカード

郵便局は日本中にありますし、ATM手数料も無料。最近はコンビニATMの方が便利かもしれないので、こっちの手数料無料のカードが良いかも。

健康保険証

旅先で病気やケガをした時のために。そもそも体調に不安があったら出掛けない方が安心です。一人で知らない土地で弱るとかなり不安。

テレホンカード

スマホやケータイが使えなくなるかもしれない。手帳に必要な連絡先をメモしておきましょう。公衆電話がどういう所にあるか、普段気にしておくと探すのが楽です。

ちょっとしたお菓子

何かトラブルがあった時の非常食。電車の乗り継ぎに失敗してご飯が食べれない場合があるかもしれない。

飲み物

急に咽た時、持っておくと安心。(笑)場所によっては自販機も無かったりしますし。水筒を持って行ってもいいし、旅先でペットボトルを買っても良い。

頭痛薬

急に頭が痛くなったら辛いです。今まで2回、旅先で飲みました。飲まなくても、いざとなったら薬があるという安心感を得ることが出来ます。他にも人それぞれ持っておいたほうが良い薬があったら持参。 バファリン

最近持ち歩くようになりました。大してかさばらないし、いざという時役に立つかもしれない。 緊急用ホイッスル

一人旅の辛い所

失敗した時

「やっちゃったー!」と思っても誰にも話せないのは地味にキツイです。「大丈夫だよ」「気にすることないよ」って言ってもらえるのは、本当有り難いことだと実感します。

迷子

一人で迷子になると泣きたくなります。旅先で道を教えて下さった方には本当感謝。

食事

一人じゃ入りにくいってお店があります。人それぞれですが、私はまだ一人屋台は出来ない。

感動を共有出来ない

その場で誰かと「よかったね」と共有できないのは、ちょっと寂しい。「今度誰かと来たいな~」と思うこともしばしば。  

一人旅の良い所

スケジュール全て自分の思い通り

いつも美術館に2時間ぐらいいるので、こういった事が出来るのは一人旅の魅力。他に電車の旅も良くするので、わざわざ遠回りするプランなども出来ちゃいます。

急に予定を変えられる

現地で変えたくなったら計画を立て直せます。  

終わりに

日本での一人旅は、危ない所へ行ったり、夜遅くに出歩かなければ基本的に危険では無いです。 でも何があるかわからないので、危険に備えるのは大切なこと。何度か一人旅をしてみると、感覚的に「これは危険だ」とわかる様になると思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る