dポイントを「ケータイ料金の支払いにつかう」で使ってみた

キャンペーンやら毎月のドコモ光&ケータイ使用量やらでポイントが結構溜まっていたので、ケータイ料金の支払いで使うことにしました。

ケータイ料金の支払いに使った理由

dポイントはケータイ料金の支払いの他にも使い道があります。

以前は限定のポインコグッズがdポイントで手に入りましたが、今では普通にお金を払えば買えるのでdポイントを貯めておく必要もありません。

それ以外だと、街の買い物やネットショッピングで使うことも出来ますが、それらをあえてdポイントを使って買うのは面倒くさい。クレジットカードや現金で買えばいいなぁ。

ということでケータイ料金の支払いで使うことにしました。これは毎月ある出費がポイントで済めばラッキーですし!

調べてみてびっくりしたこと

毎月のケータイ料金支払いの全額をdポイントで払うことは出来ません。(2019年9月現在)

利用料金のうち、ポイント充当対象外の支払いがあるからです。

「ケータイ料金の支払いにつかう」について | ケータイ料金の支払いにつかう | つかう | dポイントクラブ
毎月のドコモのケータイご利用料金にdポイントを充当できます。ご利用には充当したい回線それぞれからのお申込みが必要になります。

私はここで、やばーい!となりました。/(^o^)\

こういうポイント使うの面倒で期限ギリギリまで放置してたんですよ・・・。そろそろ期限だから使い方を調べるか・・・あれ?全額使えないの?となると、dポイント期限までに使えずに失効する分があるんじゃないか・・・。

という感じで後悔しました。まあ、期限までに使えない分は街での買い物やネットショッピングで使えば良いのですが、使えるお店や使い方を調べるのが面倒だなぁ~。(スーパー面倒くさがり屋)

「ケータイ料金の支払いにつかう」をやってみた

まずはdポイントの公式サイトで説明を一通り読みます。

「ケータイ料金の支払いにつかう」について | ケータイ料金の支払いにつかう | つかう | dポイントクラブ
毎月のドコモのケータイご利用料金にdポイントを充当できます。ご利用には充当したい回線それぞれからのお申込みが必要になります。

読んで問題なければ「ケータイ料金の支払いにつかう」の申込みをします。

で、私はいろいろ勘違いをしていることに気づきました。まず期間・用途限定のdポイントはケータイの支払いに使えない。

dポイント

ケータイ料金の支払いにつかう

こんな感じでご利用可能なポイントに期間・用途限定のポイントは含まれていませんでした。(´・ω・`)

なので慌てて手続きする必要も無くなったのですが、使えるポイントも放置したら忘れちゃいそうなので使ってみることにしました。

ケータイ料金の支払いにつかう

こうやって支払対象金額を表示してくれるのはわかりやすいです。

ケータイ料金の支払いにつかう

説明を読みつつ、手続き順に進めていきます。手数料の項目がありましたが、かからない様で良かった~。

このまま問題なかったので手続完了。

期間・用途限定のdポイントが使えるサービス

2019年9月現在、

  • 街のお店
  • d払い
  • dマーケット
  • ポインコグッズ
  • ドコモ商品
  • 優待チケット
  • App Store&iTunes
  • 寄付
  • 海外でつかう(韓国・台湾)
  • 海外でつかう(ハワイ・グアム・ニューヨーク)

で使えます。

よくよく説明を読んでみるとd払いが使えるサービスが結構多く、例えば『Jリーグチケット』でサッカーの観戦チケットの購入でも使えるみたいです。おお!

ただ、d払いはいろいろキャンペーン多すぎて、上手く使いこなす自信が無い。/(^o^)\

終わりに

手続自体は説明を読んでやれば難しくはありませんでしたが、期間・用途限定のポイントについてはよくわかっていませんでした。

期限切れになってしまったら勿体ないので、せっかくいただいたポイント無駄なく使いたいですね。

dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ
誰でも入会できる「dポイントクラブ」は、入会金・年会費無料のおトクなポイントプログラム!毎日の生活がさらに便利でお得に過ごせる多彩なサービスも盛りだくさん。街のお店やネットショッピングなど、各種サービスでdポイントをためる・つかうことができます。