【漫画感想】プリンシパル-番外編-(クッキー2018年3月号)

クッキー2018年3月号

実写映画化記念で、プリンシパルの番外編が掲載されました!もう、この表紙見ただけで嬉しかった!(糸真と弦が好きだし、色味も可愛くて)内容もプリンシパル連載当時と雰囲気も変わってなくて、プリンシパル好きな人も楽しめるものだと思います。

以下、ネタバレ有りの感想になりますので、是非先に番外編読んでみて下さい。

感想

番外編の個人的BEST3

「ムカついた?」と和央に聞かれて「少し」と言う弓ちゃん

恋人同士でこういう小さいモヤモヤってたくさんあると思うんですが、それを漫画として形になって見られることってあまり無いので新鮮に感じました。

あと、ムカついても少しのムカツキだと外には出ないし、そのまま流して、いずれ忘れてしまうけど、こういう小さなムカつきは知らず知らずのうちに蓄積されていきますよね。

早い段階で、和央が「ムカついた?」って聞いてくれるのは有り難いけど、その後の言葉がちょっと無神経。(その前の「どっちでも」も、ちゃんと「どっちでも好き」って所まで言わないと、モヤモヤとして受け取られちゃうし)

弓ちゃんの正直に女の嫌な所が出る部分は、最初怖かったけど、今は結構好きです。

糸真と弦と痴話喧嘩からのナチュラルなイチャイチャ

可愛いー!

本編では最終回でくっついたので、こういうシーンが見たかったんです!それが番外編で見れて満足。欲を言えば、もっと見たかった。(笑)

鈍感だった弦が、糸真に嫉妬されてることにちゃんと気づいて、それに喜んでるっていうのも!成長してる!弦の良い所はちゃんと残して、大人の男になりつつある感じ!

和央と晴歌の共闘っぷり

糸真・弦・弓ちゃんが雲野くん(=金髪の和央)にほだされちゃってるのに、この2人はキツイことをズバズバ言う。その正論っぷりと、この2人の似た者同士な所が見ててスッキリしました。

この2人がいるから、ほだされ組の可愛さも引き立ちます。弦が怪我心配する所は笑った。(^O^)

特にこの3つが番外編お気に入りシーンです。では、以下からまた好きなように感想書きます。

最終回のその後

番外編が載るよーと聞いて、一番に思ったのが、「高校時代なのか、大学時代なのか!?」と言うこと。

1ページ目で大学生編とわかり、先のストーリーがまったく読めなくなったので、1ページ1ページ、わくわくめくりながら読みました。大学生編の方が読みたいと思ってたので嬉しかったです。

弟、誕生

そういえば最終回で和央母の妊娠が発覚しましたね!すっかり忘れてて、読みながら・・(記憶を遡り中)・・そうだった!と思い出しました。(笑)和央母の、

和央とぜんぜん違う・・・

というセリフに笑いました。

モノローグで振り返る『プリンシパル』

糸真のモノローグですごい勢いで「今までのプリンシパル」が説明されていきます。が、文章だけで見るとちょっとついていけない。(^^;)

漫画で読むとそうでも無いけど、設定だけ読むと(父が同級生の母親と再婚して~以下略)ぶっとんだ話ですね。この番外編、本編読んでない人も読むだろうけど「(糸真のモノローグに)ついていけるのか!?」とちょっと心配になりました。

番外編は、本編知ってる読者・知らない読者、両方に向けて描くものなので難しそうです。

2018.1.3

つい最近の出来事の話なんですね。なかなか漫画で日時は描かれないので、ゾワッとしました。私が正月ゴロゴロしてた時、プリンシパル界ではこんな事件が起こってたのね~みたいな。

弓ちゃん!!!

リバウンドしてる!!!

SAPPORO

やっぱり、札幌ではビールはサッポロ生ビール!?

晴歌と糸真の友情

最終回読んだ時、この2人は疎遠になってしまったんだろうか?と思ってたので(高校だけの友情)、卒業後も普通に仲良くしててホッとしました。

弦を襲う(?)晴歌

こういう展開は美味しいですね。( ^ω^)糸真がちゃんと止めに入れるんだって、当たり前だけど、晴歌に意思表示出来る事に安心しました。

和央の立場から見る、糸真と弦のイチャイチャ

(見られてるの気付いてないんだな・・・)っていうのと、2人して「ひゃい」ってびっくりしてるのを、和央の視点から見ると面白そう。こういう事、しょっちゅうありそう。(でも弓ちゃんが一緒じゃないと声かけしなさそう)

「防犯装置が作動しました」

ここまでは、ほのぼの読んでたので、「あれ?事件が起こるの?そういう話?このまま、ほのぼので十分楽しいけどなぁ」と、これから先の展開が楽しみであり、ちょっと不安になりました。

ストーカー、再び

またストーカーか!金やんか!

金髪の和央

番外編のためだけに新キャラ作るのも大変だろうけど、最初見た時、正直「えええ~」って思いました。金髪の和央って!話が上手く出来すぎてる感じがする!

でも、ほだされてる3人と、冷静な黒い2人(和央・晴歌)の対比や、意見の言い合いのどさくさで和央と弓ちゃんが喧嘩する展開は面白かったです。

最終的に、黒い晴歌が白キャラに惹かれる(弦・雲野くん)とか、晴歌の彼氏が弦ソックリさんじゃなくって良かっただろーみたいな、糸真・弦のやりとりとか(糸真の嫉妬エピソードから)全部繋がっていたんで、上手い設定ですよね。

発散するための喧嘩

彼女に怒られて本気で凹む男性もいるでしょうけど、こういう場合も結構あると思います。

ただ発散したいがために、本当はどうでもいいと思ってるけど相手に言う、って事。

お揃いパジャマ

本当仲良いな!(言われるまで気づかなかった!)

顔変えますね!

まさかの展開すぎてビビりました。ホラーかよ!金やんもホラーっぽかったし、プリンシパルはちょっと精神的な怖さのある少女漫画・・・というのが魅力なのかも。

このページの後は、本当どうなるの?ってヒヤヒヤしました。ボールペンで眉毛書くなんて発想無いよ。\(^o^)/白キャラめ!(褒め言葉)

キレイにまとまった話

最初の方にあった、糸真の『糸』に関する話が物語をきれいにまとめてくれるとは。最後に糸真と弦のほのぼのしたやりとりが見れて、満足!

終わりに

欲を言えば、もっと糸真と弦のやりとりが見たかったけど、それは私が糸真・弦好き故なので、トータルするとみんなのその後を見れて、プリンシパルさ(白キャラ・黒キャラ&ホラー)も楽しめた番外編でした。

映画見に行く予定無かったんですが、番外編と、映画キャストのインタビュー読むと「プリンシパルが実写で見れるのかぁ」と興味が出てきました。ちょっと考えよう。

(´-`).。oO 糸真と晴歌の「バーカ」って言い合う喧嘩シーン、実写で見てみたい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る