私がdp2 Quattroという横に長いカメラを買うまでの話

dp2

どのカメラをどんな理由で買うのか人それぞれ。今回は私がどうしてこのカメラを買ったのか、その理由と経緯を書いてみます。(ディープなカメラ好きでは無いので専門的な話はほぼありません)

 

スポンサーリンク

dp2 Quattroを買うまで

新しいカメラが欲しくなる(2014年)

RICOHの『GR DIGITAL 2』というカメラを使用していたんですが、

(´-`).。oO そろそろ新しいカメラが欲しいなぁ

と思うようになりました。ちなみに『GR DIGITAL 2』は2007年に発売されたカメラです。

カメラ雑誌で魅力的なカメラを見つける

その頃、カメラ雑誌で見たカメラが外観も撮った写真もとても好みだったので「このカメラにしよう!」と決めました。

カメラ本を読む

美術館のライブラリー(図書館)ってこじんまりとしてて落ち着きますし、美術系の本いろいろあるので楽しいです。

岩手県立美術館|公式HP

家電量販店へ見に行く

そのカメラをお店で見て触った所

(´-`).。oO うーん、ちょっとここがなぁ・・・

作りがチープな所が気になりました。トイカメラならそれでも良いのですが、それなりの値段もするし、愛着持って使いたいので買うのはやめました。

欲しいカメラがない

それ以降はそれほど積極的にカメラを探さないけど、心の片隅では「欲しいな~」と思っていました。ちょうど初めてスマホも買ったので、そのカメラで満足してました。

千葉モノレール

これがそのスマホで撮った写真。写真の感じも編集画面も好きだったので、スマホで満足してたのも積極的にカメラを探さなかった理由です。

dp2 Quattroを初めて見る(2017年)

旅行中にフラッと入った家電量販店でdp2 Quattroを初めて見ました。まず、その特徴的な形にびっくり。

dp2

横に長ーい!

これ持ちやすいの?扱いやすいの?何で長いの??

一目見て欲しいと思ったわけではなく、気になるけど不安要素の方が大きいカメラでした。

(´-`).。oO 一眼レフよりは小さいけど、持ち運ぶ時かさばりそうだな~

気に入った点は、

  • 外見からなんだか面白そうなカメラに感じられた
  • 福島県で作られてる(日本の製造業を応援したい!)

あとこの時店舗で見たか後日ネットで見たかは忘れましたが、作例集の写真も好みで「このカメラいいな~」と思いました。

いろいろ不安要素はあったけど、一番のネックは私が今まで買ったカメラの中で一番高価なこと。この値段のカメラを買う必要があるのだろうか?使いこなせるのか??

dp2 Quattroを買う(2018年)

それから約1年半、買おうかなどうしようかなと迷ったり考えたりしてようやく購入しました。

それまでも、お店のポイントが多く貰える日に買いかけたこともありましたが、一番「買う!」という決め手になったのは

  • 買えるうちに買っておいた方が良い
  • 旅行やイベントなど使いたい出来事があったから

この2点。1つ目は来年カメラを買える状態なのかわからないので、それなら買える時に買っておこうと考えたのと、2つ目はやっぱりカメラを使いたい目的があると「きれいな写真で残しておきたいよね!」と一歩踏み出す要因になりました。

 

結論

このカメラを買った理由をまとめると、

福島県で作られているので日本の製造業を応援したい気持ちと、形が変わっていて面白いのと、撮れる写真が好みだったから、このカメラを購入しました。

あとはタイミングとかそういうのもありましたが、一度気になるとずーっと気になるので、それなら買ってみて気になる気持ちを解消しよう!というのもありますね。やっぱり自分で使ってみないとわからないですから。

 

終わりに

こんな感じでこのカメラを購入しました。たくさんカメラが有る中で、この形じゃなかったらこのカメラを選ぶことは出来なかったと思います。そう考えると、見た目から入って、徐々に内面を知って好きになった感じかな。(恋愛みたい~)

カメラが欲しいと思ってから買うまで4年かかりました。カメラに詳しくて、いろんなカメラを使い分けるタイプでは無いので、壊れるまでこのカメラを長く大切に使っていこうと思います。