【漫画】め~どイン山形「山形弁で繰り広げられる女子高生の日常」

め~どイン山形

先日、cakesで安彦麻理絵さんの漫画を初めて読みました。

結婚式で再会したあの子は、女王様になっていた|安彦麻理絵|cakes(ケイクス)

絵が好みで面白かったので、他の作品も読んでみたいと思って買ったのが『め~どイン山形』です。表紙可愛い!でもいざ読んでみたら早速面食らいました。こんな可愛い表紙なのに・・・!

 

感想

衝撃の1話

1話のタイトルは金玉探検隊出動の巻です。

 

・・・

・・・・・・え?き、金玉?た、探検隊???

そして、全裸にコートだけ羽織った男。

め~どイン山形

/表紙はこんなに可愛いのに!!\

正直、この1冊で一番面白いのはこの1話かもしれない・・・。

これで、この漫画の雰囲気はなんとなくわかりました。下ネタ多めの性的なことに興味津々な女子高生たちの日常です。(普通の日常もあるよ~)

全編・山形弁の漫画

方言好きなので、これだけでも読んでて楽しいです。登場人物みんな山形弁で話します。たまに意味がわからない言葉もありますが、前後の会話でなんとなくわかります。

東北は進んでいると聞いたことがあるけれど

私は静岡の田舎の高校生だったんですが、ここまで性的な日常会話や出来事は無かった!東北の方が進んでると聞いたことがあるんですが(初婚年齢も若いし)、この漫画を鵜呑みにしちゃっても良いのかな?どうなんでしょう?

ちょっと湯の浜どがの海さ行って・・・・・・まちがい起ごしてみねが?(P69)

なんて言う女子高生、ちょっとかっこいい。(笑)

あと、お酒を「んめ!」って言いながら飲んで酔っ払う話も、流石東北の女子高生ー!?なんて思ったんですが、これも実際どうなんだろう?酒強い子多いのかな?(そもそも女子高生は飲んじゃダメだけど)

そういう地域によって違う、高校生の日常に興味があります。是非、全国の『め~どイン◯◯(47都道府県)』読んでみたいです。私もこの漫画読んでたら描きたくなったので、ブログでこっそり静岡の女子高生の日常でも書こうかな。

面白い話とそうでもない話の差

1話読み切りが全36話。その中で「これは!」という面白い話があれば、読んでもまったく記憶に残らない話もあり、作品の波が結構あります。単に好みの問題もあるでしょうが、私はこの作品ではあまり漫画らしく作った話より、面白い視点で描かれたちょっとリアル(本当にありそう)な話が好きです。

30話のページ順がおかしい

30話(行き場のねえ◯◯◯の巻)のページ順がおかしいです。2ページ目と3ページ目が逆になってる!漫画でページ間違いって初めて見ましたが、意味がわからなくて混乱しますね。何回か読んでようやく「このページ逆だ!」って気づきました。

男性に聞いてみたい

『まえがき』にこの漫画を書くきっかけが書かれてます。

「女の子のキモチが知りたいんだよね」という担当さんの要望(P3)

担当さんはこの漫画を読んで女の子のキモチがわかったのでしょうか?そして世の男性はこの漫画を読んでどう思ったのかも知りたい所。女の私からはこの件については触れない方が良いでしょう・・・。

 

終わりに

想像の斜め上から降ってくる話が面白かったです。その発想はねぇべ!(エセ山形弁)