【ゲーム】プレステ『ポケットステーション』の話

プレイステーションポケットステーション プレイステーションのメモリーカードとほぼ同じサイズの携帯ゲーム機です。(1999年発売)

外観

ポケットステーションポケステPSスケルトン 裏面。電池とスピーカーかな?スケルトンだと何の電池か開けなくてもわかるので便利。 ポケットステーションポケステPSスケルトン これが正面。電源を入れて無くても画面にはPSのロゴがあります。白いボタンで操作します。 ポケットステーションポケステPSスケルトン ボタンが有る部分をパカっと開いて、 ポケットステーションポケステPSスケルトン 下の部分もPS本体に差し込めます。それによって、PSからデータをダウンロードしたり、メモリーカード代わりに使えました。 ダウンロードというのは、持ってるゲームソフトがポケステ対応の場合、ポケステで遊べるゲームがダウンロード出来ました。ゲームソフトを持ってればそれが携帯ゲームにもなるってお得!  

遊んだゲーム

どこでもいっしょ

どこでもいっしょ ポケステのお陰で、屋外でもいっしょに遊ぶことが出来ました。猫やうさぎや蛙などのキャラクターとコミュニケーションをとって遊ぶゲームです。

ポップンミュージック

ポップンミュージック 小さい画面ですが同じ様にポップン出来て楽しかったです。 他にもwikipediaを見たら、こんなに対応していたゲームがあったの!?というぐらいたくさんありました。  

終わりに

今見るとチープなゲーム機ですが、SONYならではのオシャレさもありますし家庭用ゲームが携帯ゲームにもなるというアイディアは面白かったです。(^^)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る