本屋で貰えるブックカバー(書皮)コレクション1

書皮コレクション 本屋さんで本を買うと貰えるブックカバー(書皮)。本屋さんごと違っていて、私は旅先で本を買っては集めています。(^^) 関連記事:旅先の書店へ行こう!ブックカバーがいろいろあって楽しいよ

添谷書店(芳賀郡益子町)

添谷書店ブックカバー書皮 益子焼で有名な町ならでは。貰った瞬間、可愛い~!と泣きそうになりました。( ;∀;)創業は1901年。地元の人や旅行者が来店していました。焼き物の本のコーナーもあるので益子焼を見に来たら寄ってみるのも良いと思います。 栞は4種類あって、その中から1枚選べました。 添谷書店益子焼 裏表紙。白い壺がなんだか生き物みたい。 添谷書店書皮

金高堂(高知県高知市)

金高堂ブックカバー 色んな国の言葉で『本』と書かれてるお洒落なデザイン。「本を読みながら、いくつか覚えられるんじゃない?」なんて思ったけど、結局BOOK以外覚えてません。(^^;) 金高堂レシート書皮海がきこえる』に登場した本屋のモデルになったお店。この作品大好きなので、絶対行きたかった。レシートまで取ってありました。(笑) 海がきこえる金高堂 金高堂ブックカバー 店舗情報。ブックカバーのここのデザインも見比べると楽しいです。 ブックカバー金高堂書皮 裏表紙。表紙の国とはまた別。

福文堂(愛知県名古屋市)

福文堂ブックカバー 総柄の包装紙を巻いたようなデザイン。裏表紙も同じ。白いブックカバーって珍しい。 福文堂ブックカバー書皮

豊川堂(愛知県豊橋市)

豊川堂ブックカバー シンプルな線で描かれた女の子が可愛い。 豊川堂書皮 折り返し部分が短い。その短い所にピッタリ書かれた店舗情報。 豊川堂ブックカバー書皮 裏表紙。猫派?犬派?

書泉(東京都千代田区)

書泉ブックカバー書皮 秋葉原にある書泉ブックタワーが書かれています。 ブックカバー書皮書泉 こちらの面には書泉のグランデ神保町ブックマート神保町が。ブックマート神保町は2015年に閉店してしまったので、今のブックカバーはどうなんだろう? 書泉しおりギャラリー – 書泉/東京・秋葉原 あと書泉はオリジナル栞も貰えるそうです。私は貰ったかどうか覚えてない。(^^;)他に書泉で買った本探してみます。 書泉ブックタワー書皮ブックカバー 店舗情報は縦書きでさり気なく。反対側にグランでとブックマートの店舗情報有り。

貰ったブックカバーはどうしてる?

そのまま本に付けて保存してます。そうすると、本棚の背表紙が様々で見ていて楽しいです。あと、何の本持ってるかバレないのも良い。(笑)本棚見るとその人のことがなんとなくわかるので、結構恥ずかしいんですよね。こういう本読む人だったの!?っていうのもあるだろうし。 昔は気に入ったブックカバーを何度も何度も使って、ボロボロにしてしまいました。残ってないのが寂しいです。

閉店してしまった本屋さん

先日、栃木県真岡に行ったらシャッターに閉店の張り紙がしてありました。100年の歴史ある本屋さんですが、閉店したのは行く1週間前。 あと1週早く来ていれば寄ることが出来たのに、もう二度と寄れなくなってしまいました。 本屋ガイド 日本最大級の本屋検索サイト 『本屋ガイド』を見ると閉店した本屋の情報がいろいろ出てきます。 芳林堂も破産、書店閉店が止まらない日本–書店復活の米国との違いとは? 1日1店弱、廃業・閉店しているというデータもありました。

終わりに

ブックカバーの魅力が少しでも伝えられたら幸いです。(^^)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

トップへ戻る